55634|中小企業のブランディング

Agri-Branding

ブランディングでつたえる、地域の「農」

土地で採れた新鮮な農産物は、その土地の自然の恵みであり、生産にたずさわる人たちのたゆみない努力と工夫の結晶です。これまでは、農産物といえば、素っ気ない袋に入って誰が育てたのかわからない、どちらかというと匿名性の強い商品でした。しかし、時代とともに、食の安全や環境問題への意識の高まりから、誰がどこで、どのように育てたものかを知りたいという消費者の欲求が高まってきています。

このような時代だからこそ、安全性への信頼を得るための情報とともに、生産にかけるこだわりやかけがえのない想いを真剣に消費者へ届けることが大切です。ロゴやパッケージ、パンフレットやホームページなど、伝えるための手段は様々ですが、その伝えようとする想いは、共感を生み出し、農園や農産物のブランド価値を育んでいきます。

最新ブランディング事例