55634|中小企業のブランディング

浜松市のプロが制作したホームページデザイン制作事例【最新版】

ホームページは、ビジネスを行う上で大変重要なツールのひとつです。ネット社会になって情報をネットから得る時代、ホームページの重要性は増すばかりです

ホームページを作りたい。もっと充実した内容にホームページをリニューアルしたい。そう思う経営者の方、個人事業主の方は多いと思います。ホームページを自分で制作しようと思って独学で勉強してみたり、格安のホームページ制作会社に頼んでみたり、実績や品質を頼りにホームページ制作会社に依頼することもあるでしょう。

この記事では、静岡県浜松市のホームページ制作の事例をもとに、デザインのポイントや企業の魅力の伝え方など、ホームページ制作をするうえで大切なことを、プロが制作した優良なホームページの制作事例を交えて解説します。

1.ホームページとは

1-1.ホームページ制作の手法について

ホームページ制作を検討するとき、ホームページ制作会社に頼むのか、それともWixやJimdoを使って自分で制作するのか、迷われている方は多いと思います。

ホームページ制作といっても、どんなシステムを使うのかによって、デザインの仕上がりが変わってきますし、SEO対策をないがしろにしてしまうと、せっかくホームページを制作しても、アクセスが全くなく集客に結びつかない、ということもあり得ます。

ホームページの制作は、ブログ機能をそなえたWordPress(ワードプレス)を使ったデザインが世界的に主流になっており、ホームページ制作の業者選びの際に、実績や品質のほかに、WordPressで制作可能か、ということひとつの検討材料になります。WordPressでホームページを制作すれば、ホームページを公開したあとに、自分たちでブログを更新することもできます。

また、ホームページ制作会社を選ぶ際に、格安でホームページ制作を頼んでも、そのあとの月々のランニングコストが結構かかることもあります。実績や品質、見積もりではランニングコストはどれぐらいかかるのか、といった面を総合的に判断して、優良な業者選びをする必要があるでしょう。

ホームページ制作を検討するときに主な重要事項

  • サーバ会社はどの会社と契約するか?
  • ドメイン名はどうするか?
  • どんなシステムを使ってホームページを制作するか?
  • ホームページ制作会社に任せるか、自分で作るか?
  • どんなホームページ制作会社に依頼するか?
  • ホームページを公開したあとに、誰が更新をするか?
  • スマホでのホームページの見え方
  • 見積もりにランニングコストは含まれているか?
  • 写真撮影を頼めるカメラマンはいるか?
  • 動画をホームページに取り入れるか?
  • サイトマップは誰がつくるか?
  • テストサイトはどんな環境で制作するか?
  • ホームページ公開日を決める
  • Google Analyticsのアクセス解析の設定
  • ホームページとFacebookやInstagramとの連携
  • 2.浜松市のホームページ制作のデザイン事例

    2-1.動画と実績で伝えるコーポレートサイト

    静岡県浜松市で椅子や家具の張替えを請け負う、株式会社スプラウトさんのホームページ。

    ホームページのトップページを開くと、動画が自動再生されます。ホームページを見た人がまず目にする、印象的な動画。トップページで動画を自動再生することで、閲覧者がその世界観に引き込まれます。

    また、事例紹介のページでは、ビフォアアフターと、張替えにかかる費用の目安を表示しています。こうした項目を表示することで、張替えを依頼しようと検討している方の不安が取り除かれ、価格と品質の把握ができます。

    ホームページは、スマホでの閲覧をしやすいようにスマホファーストでデザインをすることで、画面のせまいスマホで閲覧しても、その世界観をそこなうことなく、心地よくホームページを閲覧することができます。

    株式会社スプラウトさんは、張替えの品質はもちろん、どんな風に使ってきた家具か、誰に譲ってもらった物かなど、その背景を大切にしてくれる会社です。そのコンセプトをしっかりと伝えるホームページに仕上がっています。

  • 株式会社スプラウト・ホームページ
  • URL:https://sprout.co.jp
  • 会社所在地:静岡県浜松市東区下石田町1746-1
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=6076
  • 2-2.商品のストーリーを伝えるホームページ

    静岡県浜松市で遠州綿紬の商品をプロデュースする、有限会社ぬくもり工房さんのホームページ。

    トップページは、大きなスライドショーでホームページを訪れたユーザーに、ぬくもり工房の世界観を伝えます。トップページのバナーの数は多めですが、デザインや幅を揃えることで、ホームページ全体が統一感をもち、スッキリとした印象を与えることができます

    遠州綿紬は、江戸時代からつづく浜松市の伝統織物。その商品の背景にあるストーリーをしっかりと伝えるために、遠州綿紬がどのようにできるのか、職人さんがどのように関わっているのか、そうしたノウハウをホームページに掲載することで、より遠州綿紬の魅力を感じてもらえるホームページになっています。

    また、問い合わせページのカテゴリも特徴的。お問い合わせページが通常、1つのコーポレートサイトに代表の問い合わせフォームが1つというケースが多い中、ぬくもり工房さんでは、いくつものお問い合わせフォームを設けることで、お客さまが問い合わせをしやすく、なおかつその問い合わせを受ける社員が「何の問い合わせなのか」を、すぐに把握できるようになっています

    ホームページに海外のお客さまもアクセスするため、英語ページも制作。日本語ページと比べると情報量は少なめですが、デザインをしっかりと統一し、ブランドの印象は世界共通で伝わるようなデザインになっています

  • 有限会社ぬくもり工房・ホームページ
  • URL:https://nukumorikoubou.com
  • 会社所在地:静岡県浜松市浜北区染地台3-12-25
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=5900
  • 2-3.スマホ対応で見やすいホームページ

    静岡県浜松市で雑木の庭や外構デザインを提案する、株式会社ナインスケッチさんのホームページ。

    最近では、パソコンよりもスマホでホームページを閲覧することが一般的になってきました。ホームページによってはスマホからのアクセスのほうが多い企業も増えてきました。そうなると、当然、スマホ対応のホームページを検討する必要があり、スマホで見たときのホームページの見やすさが集客にも影響を与えます

    ナインスケッチさんのホームページでは、パソコンで見たときとスマホで見たときと、ホームページのレイアウト(配置)を替えています。なぜなら、パソコンは横長でスマホは縦長なので、画像の表示の仕方などが大きく変わります。スマホからの閲覧を意識することで、画像や文字のサイズなどをスマホに最適化したデザインにすることができます。

    最新のお知らせと実績は、WordPress(ワードプレス)のブログ形式。自社内のスタッフが記事を入力できます。また画面の最下部には常に、「お問い合わせ」へのリンクが表示されています。これは、閲覧者がどのページを閲覧中でも「問い合わせをしたい!」と思った時に、すぐに問い合わせフォームに移動することができたり、スマホならばそのまま電話をかけられたりと、実際の問い合わせまでの導線をスムーズにするためです

    スマホ対応をするには、別途費用がかかることもあり、ホームページ制作をする際には、実績や品質のほかに、こうしたユーザビリティ(使いやすさ)も考慮して検討する必要があります。

  • 株式会社ナインスケッチ・ホームページ
  • URL:https://www.9sketch.com
  • 会社所在地:静岡県浜松市東区小池町1141
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=5957
  • 3.浜松市の採用に効果的なホームページの制作事例

    3-1.企業の安心感を与える採用インタビューサイト

    静岡県浜松市で油空圧機器などを取り扱う技術商社、株式会社サカエさんの採用特設リクルートサイト。

    働き方改革や人材不足が近年のキーワードになる中、採用活動により力を入れていく企業が増えてきました。採用活動では会社説明会などの現場での魅力の伝え方のほかに、ホームページにおいても積極的に情報発信していくことが必要となります。特にWEBとFacebookやInstagramなどのSNSを組み合わせた情報発信は、スマホを使い慣れた若い世代には効果的です。

    この採用特設サイトでは、社員のインタビューを月替りで更新。プロのカメラマンとライターによる取材で、単に情報を載せるだけでなく、写真や文章のクオリティにもこだわったリクルートサイトになっています。格安のホームページ制作では、こうしたコンテンツのクオリティまでこだわることは難しいと思いますが、デザインに精通した制作会社に依頼することで、写真撮影や取材の品質など、クリエイティブの面でもこだわることができます

    また、こうして社員のみなさんがホームページに登場することによって、学生がホームページを見たときに安心感を与えることができます。どんな人がどんな風に働いているのだろう?という想像がつきやすくなりますね。

    この採用専用のリクルートサイトは、ホームページを公開するだけでなく、さらにFacebookやInstagramでも連携して、幅広く情報発信に努めています。こうしたホームページとSNSの連携によって、ホームページのアクセスを増やすことができます。

  • 株式会社サカエ・採用特設リクルートサイト
  • URL:https://sakae-recruit-jp.com
  • 会社所在地:静岡県浜松市中区野口町336
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=6002
  • 3-2.社員の笑顔で採用に好印象のホームページ

    静岡県浜松市で100年続く地域密着企業、明石石油株式会社さんのコーポレートサイト。

    社員を大切にする明石石油さんのホームページでは、笑顔や社員一人ひとりのインタビューなど、人にスポットを当てたホームページになっています

    会社のビジョンを表すキャッチコピー「いつも安心、ずっと支える」をテーマに、社員インタビューから社長メッセージまで、一貫してビジョンを実直に表現しています。社長の写真とメッセージが載っていることで、顧客だけでなく、採用活動の学生さんにとっても安心できる企業像が描けるのではないでしょうか。

    また、100年を超えて企業が続いている実績は信頼の証。ホームページにアクセスした浜松市在住の方にとって、地元に地域密着の100年企業があることで安心感を抱けますし、笑顔がいっぱいのホームページで親しみやすさも感じると思います。会社概要では、経営理念や売上高を記載してあります。こうした会社情報をしっかりと項目を設けて記載することも、ホームページ制作にとっては重要な要素となります。

  • 明石石油株式会社・コーポレートサイト
  • URL:https://www.akashi-sekiyu.co.jp
  • 会社所在地:静岡県浜松市中区田町228-5
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=6065
  • 3-3.こだわりや設備の充実を伝えるホームページ

    静岡県浜松市のメガネ・補聴器の専門店、有限会社天竜堂さんのホームページ。

    天竜堂さんでは、「技術日本一」を目指し、目や耳の検査に力を入れ、格安のメガネ店が増える中、技術力を強みにした地域密着型の専門店です。

    経営者の内山社長には、なぜ目の検査に力を入れるのか、確固たる信念があります。その経営者の想いをたっぷりと取材し、ロングインタビューのような形式でホームページに掲載しています。ホームページを単なる集客のためのツールと考えるのではなく、自分たちのビジョンや想いに共感してもらう場として、ホームページが存在しています。

    プロのカメラマンとライターによって取材を受けることで、その想いがいっそう際立ち、的確に伝わりやすくなります

    また、このホームページでは、技術にこだわる専門店ならではの設備も掲載。日本の中でも珍しい全国屈指の視力測定、聴力測定の設備が載っていることで、設備面においても信頼を感じることができると思います。

    こうしたコンセプトがホームページを見た人に伝われば、費用面だけで判断されず、このお店に任せれば安心だといった信頼関係にもつながります。それと同時に、このお店で働きたい!といった採用面でも有利になります

  • 有限会社天竜堂・ホームページ
  • URL:http://www.tenryu-do.com
  • 会社所在地:静岡県浜松市浜北区小松684-2
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=5765
  • 4.浜松市の農業・林業ホームページの制作事例

    4-1.動画と写真で魅力を伝える農園ホームページ

    静岡県磐田市で純国産のえごま油をつくる、まごえ農園さんのホームページ。まごえ農園さんは浜松市の農園ではありませんが、浜松市に近い磐田市で農業を営まれ、ホームページが充実しているのでご紹介します。

    まごえ農園さんは、国産のえごま油にこだわりを持って農業を営んでいます。農業のホームページでは、農家の方がWixやJimdoを使って自分でホームページを制作しているケースがよく見受けられます。しかし、まごえ農園さんのように、プロのデザイン会社にホームページ制作を任せることによって、クオリティの高いホームページで、農作物や商品の魅力を伝えることができます

    トップページを開くと自動再生される農業の風景。ついつい見入ってしまいますよね。こうした作業風景も動画として伝えると商品の背景が伝わりやすいです。こだわって作った商品であれば、なおさらです。写真もプロのカメラマンが撮影。動画も静止画も品質にこだわり、ただ情報を伝えるだけでなく、より魅力的な伝え方ができています

    また、文章もたっぷりと掲載。こちらの文章は、経営者のインタビューをもとに、プロのライターが取材をして書き起こしています。自分でホームページを作ると第三者の視点が抜けてしまい、独りよがりな文章になりがちですが、プロのライターが取材することで、客観的に見て伝えるべき情熱や内容を精査できます。動画、静止画、文章、どれもホームページ制作を構成する重要な要素となります。

  • まごえ農園・ホームページ
  • URL:https://magoenouen.com
  • 会社所在地:静岡県磐田市壱貫地389
  • 4-2.経営者や事業の想いが伝わるホームページ

    静岡県浜松市で天然乾燥の製材にこだわる、永田木材株式会社さんのホームページ。

    永田木材さんは、製材を事業として行うだけでなく、日本の国産のヒノキや杉を使うことで、日本の山を守ることになる「森林循環」を大切にされています。そうした事業にかける想いをホームページにしっかりと掲載しています

    近年、業者を選ぶときに、実績や品質や価格のほかに、「共感」がキーワードになってきました。共感できる取り組みを行う企業とコラボしたい。そんな共通の想いのもとにコラボする企業が増えてきています。

    格安で手に入れられる、見積もりが安いといった価格面で勝負しても、中小企業が勝てる勝負は限られています。それならば、自分たちが何にこだわって事業を行っているのか、そのポイントをしっかりとホームページに掲載し、その想いに共感してくれた企業と事業に取り組むのは理にかなっています。中小企業は、商品だけなく、考え方をホームページに載せることをおすすめします

  • 永田木材株式会社・ホームページ
  • URL:http://nagatamokuzai.com
  • 会社所在地:静岡県浜松市北区引佐町横尾1146
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=2959
  • 4-3.商品の品質を写真で伝えるホームページ

    静岡県浜松市で抗生物質完全不使用の蜂蜜を作る、養紡屋さんのホームページ。

    養紡屋さんは、人と環境にとって安心安全な蜂蜜を届けるために、経営理念をしっかりと掲げ、蜂の飼育から蜂蜜の製造、販売まで一貫して行っています。

    ホームページ制作では、こだわりを持っている企業や個人事業主の想いを伝えることが大切です。その際に重要になってくるのが写真です。InstagramやSNSの普及によって、以前にも増して「写真」の重要性が増してきました。

    写真のクオリティは、商品の売上にも影響します。プロのカメラマンによる写真を中心にホームページを制作すれば、そのホームページは魅力的な世界観を構築できます。写真の品質にしっかりとこだわり、クオリティの高いホームページを制作することは、商品の価値を伝える上で、商品づくりと同じく重要な要素です。

  • 養紡屋・ホームページ
  • URL:http://yohoya.net
  • 会社所在地:静岡県浜松市天竜区春野町気田715-1
  • 関連記事:https://www.55634t.com/?p=2959
  • 5.ホームページを制作会社に任せるメリット・デメリット

    5-1.ホームページ制作で失敗しないための方法について

    ホームページを制作するときに失敗しないために、まず初めに気をつけたいのは、どんなコンテンツを載せるかです。

    ホームページ制作というと、すぐにSEO対策などのテクニックを気にする人がいますが、それよりもまずは中身が重要です。中身であるコンテンツを決めたら、次に重要なのは、どう伝えるか、見え方の部分です。

    ホームページ制作会社に依頼した場合、サイトマップやホームページの構成はホームページ制作会社がノウハウをもとに手助けしてくれることでしょう。しかし、何を載せるのかに関しては、実際に事業を営む企業が決めなければなりません。ホームページ制作会社に依頼することによって、見ばえのデザイン面は品質がよく心配がなくなるかもしれませんが、中身については自分で充実させる必要があると思います。

    ホームページ制作会社に任せるときのデメリットとしては、ランニングコストが高くつく可能性があります。自分でホームページを制作すればレンタルサーバを自分で契約することがほとんどですが、ホームページ制作会社に依頼することによって、月々のサーバの保守管理が発生し、毎月の費用が累積すると結構な金額になる場合があります。ホームページ制作会社にホームページ制作を依頼する場合、初めの時点でランニングコストとなるサーバ代がいくらになるのか、把握して検討することが大切です。

    5-2.WixやJimdoを使って自分で作るのと何がちがうか

    近年ではWixやJimdoを使って、自分でホームページを制作する経営者や個人事業主も増えてきました。たしかにこうしたサービスは簡単にホームページを開設することができるので、自分でホームページを制作しやすいです。

    しかし、自分でホームページを制作すると、初めのうちはテンプレートから選ぶだけで満足していたものの、もう少しオリジナル感を出したかったり、徐々にコンテンツやカテゴリが増えすぎてしまって、見づらいホームページになってしまうことがあります。また、コンピューターに不慣れな方だと、WixやJimdoを使ってもホームページ制作に時間がかかってしまい、その疲労感が本業に影響する可能性もあります。

    ホームページの中身であるコンテンツに関しても、客観的な視点から制作したほうが「人に伝わりやすい」内容になることが多いです。自分でホームページをすべて制作するのではなく、餅は餅屋という感じで、見た目のデザインやシステム部分はホームページ制作会社に依頼し、自分は中身のコンテンツに集中するといった方法もおすすめです。

    6.まとめ

    ホームページ制作を検討するとき、さまざまな事例を見て、まずは「こんなホームページにしたい!」というイメージを持ちましょう。ホームページは、ビジネスを行う上で大変重要なツールのひとつです。プロのホームページ制作会社に依頼して、デザインやシステムのことは任せて、自分は本業に集中することも大切です。

    もし、ホームページ制作で分からないことがあれば、安心してご相談ください。→お問い合わせはこちら

    この記事を書いた人


    外山佳邦 / 株式会社55634代表(静岡県浜松市)
    https://www.55634t.com

    静岡県浜松市でホームページやロゴなどのデザイン制作を100社以上、手掛けてきました。コピーライター時代はキャッチコピーや商品コピーを3000件以上、さまざまなジャンルのコピーライティングを経験しています。静岡県浜松市在住。株式会社55634代表。

    ホームページ制作のことは安心してご相談ください。→お問い合わせはこちら

    2019-12-02 | Posted in ホームページ制作【浜松】Comments Closed