55634|中小企業のブランディング

SKiP(浜松市・富塚町)のロゴリニューアルデザイン

SKiP(浜松市・富塚町)のロゴリニューアルデザイン

浜松市中区富塚町にある、足と靴の専門店「SKiP」さんのロゴマークをデザインさせていただきました。

SKiPさんは、足のトラブルや悩み、靴選びなど、足元の悩みを抱えている方へ、カウンセリングを基にインソールなどのカスタマイズから、その人の足に合う靴の販売まで、トータルに提案されています。

SKiPさんでは、これまで使われてきた既存のロゴマークがありましたが、あまり大きく印象は変えずに、既存のロゴマークをブラッシュアップしたいというお話を受けました。

上記が、これまで使用されていた既存のロゴマークです。

ロゴマークは、ホームページをはじめ、名刺やパンフレット、看板など、あらゆるシーンで使われます。

既存のロゴマークは、ロゴマークを縁取る白い線が、印刷時に潰れてしまうことが多く、作業に支障をきたすこともあったそうです。

ストレスなくロゴマークを使っていただけるよう、色は単色にし、シンプルにすっきりとしたデザインに仕上げました。

また、「足」をモチーフにしたロゴマークは、遠くから見ても、足のマークであることがひと目でわかるよう、足の部分を白抜きし、SKiPの文字もやや濃い色に変更し、存在感をだしました。

上記は、キャッチコピーなしの、ロゴマークとショップ名をデザインしたものです。

ロゴマークをいれるスペースの大きさや形に合わせて、数種類のバージョンがあることで、使い勝手が良くなります。

 

起業時から使用していたロゴマークは愛着も深く、なかなか変更しにくいもの。もともとあるデザインとうまく融合させながら、使いやすいロゴにリデザインすることもできます。

新しさと親近感、両方のバランスのとれたデザインを大切にし、既存のロゴマークをベースに、形を整え、視認性もアップしたロゴマークに仕上がったかと思います。

お客さまの足のお悩みやトラブルを解決してくれるSKiPさん。こんな素敵なお店が身近にあるのは安心ですね!

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ひと目見ただけで雰囲気が伝わるおしゃれなロゴマーク|やくろう薬局「ロゴマーク」デザイン