55634|中小企業のブランディング

古橋織布(浜松市・雄踏町)のパッケージデザイン

古橋織布(浜松市・雄踏町)のパッケージデザイン

静岡県浜松市で遠州織物を手がける古橋織布さんの、オリジナルパジャマのパッケージデザインを担当させていただきました。

古橋織布さんは、浜松市西区雄踏町にて高品質な生地を生産されている、老舗の生地メーカー。旧式のシャトル織機を使って織る生地は、軽く柔らかですが、しっかりとした質感と凹凸感のある独特な風合いが特徴です。また、遠州織物の伝統を大切にしながらも、時代に合った新しい生地の開発にも積極的で、この地域の織物産業を牽引する存在です。

今回は自社でオリジナル商品を企画・販売されるということで、商品の撮影やパンフレットのデザインと併せて、パッケージデザインもご依頼いただきました。

箱は、パジャマの上下セットが入るサイズで、マットで手触りの良いこげ茶の紙に、金色でロゴマークなどを箔押ししたデザイン。要素は少なめですが、それによって箔押しが引き立ち、高級感と上品さのあるパッケージになっています。

また、ロゴの下に大きめに入れた「MADE in JAPAN」の文字で、日本製であることをアピールしました。職人さんの技術力やきめ細かな生産管理など、日本製品の持つ「高品質」のイメージは国内外でお墨付きです。

古橋織布さんの生地は、まさにそんな日本製品の期待に応える品質です。最近増えている海外旅行者向けのお土産としても、市場を開拓できるアイテムになりそうです。

ふたを開けると、まずはロゴマークが印刷された巻紙が、そして、さらに巻紙を広げるとパジャマが出てきます。肌に直接触れるものなので、こんな風にていねいに梱包することで、「肌触り」へのこだわりをしっかりと伝えています。

また、箱の内側は通常、白やグレーなどのボール紙が見えてしまうのですが、今回は内側にも黒い紙を貼りました。外側とのイメージを統一させ、重厚感のあるパッケージで商品の「こだわり」を伝えています。中身とパッケージのバランスがとれていることは、今後、販路を広げていく上でも大きな強みになります。

そして、パッケージやパンフレット、商品タグなど全てのアイテムを当社のようなブランディング専門の会社にお任せいただくことで、商品の価値を「正しく伝える」ことができるのです。

パジャマは古橋織布さんのオンラインショップでご購入いただけます。気になった方はぜひ、ショップをのぞいてみてください。

オンラインショップはこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
思わず誰かに贈りたくなるラベルデザイン|養紡屋「ラベル」デザイン