55634|中小企業のブランディング

古橋織布「パンフレット」デザイン|静岡|浜松

遠州織物を手がける古橋織布さんの、オリジナルパジャマのパンフレットをデザインさせていただきました。

古橋織布さんは、浜松市西区雄踏町にてコットンやリネンなどの高品質な生地を生産されている、老舗の生地メーカーです。旧式のシャトル織機を使って織る生地は、軽く柔らかですが、しっかりとした質感と凹凸感のある独特な風合いが特徴。その品質は、国内外のアパレルブランドからも高い評価を受けています。

そんな古橋織布さんの生地の肌触りを存分に楽しめるアイテムとして、今回、オリジナルのパジャマが誕生しました。

パンフレットはポストカードサイズの4つ折。小さめで手に取りやすく、程よいボリューム感です。表紙は、パジャマを背景にシンプルにロゴとコンセプトを記載。古橋織布さんのイメージカラーである「白」を生かしたデザインです。

中面では、実際にパジャマを着用した画像とともに、最大の特徴である生地の肌触りの良さや、遠州地域の織物の歴史について紹介。機織りの様子がわかる写真も掲載し、商品の背景にあるストーリーをしっかりと伝えています。

表紙と裏表紙以外の外面も、古橋織布さんの「ものづくり」へのこだわりが感じられるよう、フォトギャラリー形式で機織りの現場の写真を豊富に掲載しました。

これまでは生地メーカーとして、アパレルメーカー向けに素材の生産・販売をされてきた古橋織布さん。今回、一般消費者の方に直接届けることができる商品づくりという、新たな挑戦をされました。パンフレットにも、つい専門的な内容を載せてしまいがちですが、生地のことを知らない人でも理解できる文章や写真で構成することが、「伝える」ためには何より重要です。

こうしたケースは、中小メーカーさんでは今後ますます増えていくと思いますが、そんな時、自分たちの強みや良さを、業界以外の一般の方にもわかりやすく伝えることが、成功への大きな鍵になるかと思います。

パジャマは、古橋織布さんのオンラインショップで販売中です。専用のギフトボックスでのラッピングサービスもあるので、大切な方への贈り物にもぴったりです。気になった方はぜひ、オンラインショップをご覧ください。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
「その土地らしさ」が見えるパンフレット|野沢園「パンフレット」デザイン