55634|中小企業のブランディング

ロゴとの一体感を大切にしたパッケージデザイン|松香園|静岡|磐田

昭和8年創業、静岡温室メロンの専門店「松香園」のギフトボックスをデザインさせていただきました。松香園さんでは、県西部の特産品であるマスクメロンのギフト商品が多数揃っています。

今回は、ロゴマークのリニューアルに合わせて、ギフトボックスのご依頼いただきました。

ギフトボックスは、1個入りと2個入りの2種類をデザイン。揃いのデザインで、箱のサイズに合わせてモチーフの位置や数を調整しています。

ロゴマークに使われている紺色と、メロンらしい明るい緑色の2色使い、色数を抑えて、すっきりとさせることで、落ち着いた雰囲気を出し、中身のメロンを引き立てています。

モチーフには、ロゴの絵柄の一部から、「メロン」の網目模様や「松」の形を抜き出して使用しました。共通のモチーフを使うことでロゴとの一体感も生まれ、ブランド全体のイメージがしっかりと保たれます。

贈答品やお土産として使われることが多い、マスクメロン。シンプルで落ち着いたデザインの箱は、贈る相手を選ばず、使い勝手が良いものです。

パッケージは、お店の個性を出すことももちろんですが、自分たちの商品を客観的にとらえ、利用されるシーンを具体的に想像してデザインすることが大切ではないかと思います。

ほかの記事を読む