55634|中小企業のブランディング

商品の背景やストーリーをロゴマークに込めて|松香園|静岡|磐田

shokaen_logo

昭和8年創業、静岡県西部の特産品であるマスクメロンのギフト商品を多数取り揃える、静岡温室メロンの専門店「松香園」さんのロゴマークをデザインさせていただきました。

ロゴマークは、ひと目ですぐ「メロン」とわかる形と、お店の名前にもなっている「松」がモチーフになっています。親族の果物店から譲り受けたという「松香園」の名前にもあるように、松並木は沿岸部の防風林として、この地域にちなんだ「故郷の景色」です。その「松」と磐田市の特産品であり、店の看板商品である「メロン」を組み合わせ、1つのロゴマークをデザインしました。

文字の部分も、ロゴマークの雰囲気に合わせてデザインし、アルファベット表記「SHOKAEN」の「O」の文字にもメロンのヘタをつけて、遊び心をプラスしています。

色は、高級感と落ち着きのあるネイビー1色を使用しましたが、モチーフが具体的である分、色数を抑えることで、すっきりとした印象になります。

お店の由来やストーリーをロゴマークに込めると、初めてお店を知る人にも、「なるほど!」と印象に残り、覚えてもらいやすくなります。

どんなお店や会社にも、なにかしら「ものがたり」があるはずです。自分たちの中では、取るに足らないと感じることでも、第三者である私たちが、そんな「ものがたり」を取り出して、誰にでも見えるようにカタチにすることが、ブランディングの大切な役割の1つです。

 

ほかの記事を読む