55634|中小企業のブランディング

食の楽しさを伝える、ユニークなロゴデザイン | 光の柿園 | 静岡|浜松

浜松市内で新しく農園を開業した「光の柿園」さんからのご依頼いただきました。

こちらの案件は、「農園名のネーミングから提案してほしい」ということで、ロゴマークとあわせて農園名についてもご提案させていただきました。

農園名は「光の柿園 AGREVOL」。農園らしくない斬新なネーミングを期待されていたこともあり、当初は全く聞いたこともないような造語のネーミングを主に考えましたが、今後の方向性を話し合う中で、やはり農業を志す原点であり、これからも主力事業となる「柿園」を日本語で入れよう、という結論に至りました。

オーナーである森下さんのお名前「晃行」の中に「光」が入っていることもあり、日本語の農園名「光の柿園」に加え、サブタイトルのように「AGREVOL(アグレボル)」を付けました。「AGREVOL」は、農業を意味する「Agriculture」に、革命「Revolution」を起こす心意気を加えた造語になります。

 

ロゴマークのデザインは、柿と太陽が重なって、柿が光っているようなイメージをまとめました。食に関するブランディングは、ユニークさであったり、分かりやすさであったり(ついつい話題になるような)ある種のインパクトが必要だと考えています。

こざっぱりとキレイすぎるデザインよりも、どこか「土らしさ」というか、おもしろみのようなものがあった方が、食の楽しさが伝わるのではないかと思います。

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

ほかの記事を読む