55634|中小企業のブランディング

食で心を豊かにする、想いを込めたロゴデザイン|あったか農場|静岡|浜松

浜松市西区坪井町に直売所を構え、篠原〜雄踏地区で広く農業生産をされている「あったか農場」さんからご依頼いただき、ロゴマークをデザインさせていただきました。

篠原でのたまねぎをはじめ、サツマイモやトウモロコシ、トマト、落花生など様々な農作物を生産されているあったか農場さんは、『食でこころを豊かにする』を理念に取り組まれています。

そんなあったか農場さんをイメージしたロゴマークは、暖色系の大小の丸を円の形にあしらい、「あたたかさ」とともに、人や地域、自然とのつながりを表現しています。

畑や直売所に笑顔の絶えないあったか農場さんには、野菜を買い求めに来る地域の方々と、働かれている方々のあたたかい空気がいつも流れています。そうした農園をとりまく空気感を抽象的に表現しました。

散りばめられた円の中心にはシンボルとなる旗を立ています。食で地域を豊かにしようと取り組まれるあったか農場さんの強い想いや理念に、人が自然に集まってくる様子を表しています。

また、あえて手描き風の丸や不規則な配色を用いることで、あたたかみの伝わるデザインに仕上げました。

食べる人の心が「あったかく」なる野菜と、働く人の心が「あったかく」なるような農場を目指していきたいというあったか農場さん。そんなあたたかさは、きっと地域の中で一層広がっていくと思います。

これからも、心が豊かになるたくさんのおいしい野菜を作っていって欲しいですね。

ほかの記事を読む