55634|中小企業のブランディング

Blog, ブランディング論

会社案内作成はブランディング視点でデザインしよう

会社案内のデザインはおしゃれなだけでは片手落ち

会社案内をおしゃれにデザインしてほしい。中小企業の経営者から、しばしば聞く言葉です。しかし、おしゃれな会社案内をデザイン制作しただけでは、会社本来の魅力は伝わりません。

会社案内のパンフレットは、渡した相手に「何を伝えたいか」を軸に考えるべきです。会社案内を受け取った人が「おしゃれですね」と褒めてくれたとしても、それは見た目の装飾デザインを褒めてくれたのに過ぎないのです。

「おしゃれですね」の先にある「こういう強みがあるのか」「こんな仕事を頼めそうだ」を感じてもらうのが、会社案内パンフレットの主な目的です。

デザインを作る前に会社の強みを挙げてみる

会社案内のデザインを制作会社に発注する前に、まず何を載せるべきかをじっくり考えてみましょう。会社の歴史、オンリーワンの技術、対応のスピードなど、会社案内でアピールしたいことは、それぞれの会社によって異なるはずです。

当社にはよく「自分たちで自分の会社の魅力は分からないので、客観的な視点でデザインしてください。」というご依頼が寄せられます。それでも良いと思います。第三者がヒアリングし、取材をすることで、一般ユーザーから見える視点に近いところから、その会社の魅力を引き出すことができるからです。

ブランディング効果につながる会社案内デザイン

会社案内は、初対面で会社の第一印象を決めるツールです。第一印象はとても重要です。つまり、会社案内は会社のブランディングにつながっているということを意識する必要があります。そのため、事業のビジョンやブランド戦略に理解のないデザイナーと組んではいけません。

デザイナーと同じ方向を見てパートナーとして、デザイン制作を進めるのが、ブランディング 効果を最大限に高める方法です。

実際に当社の案件で、1年間のブランド戦略会議を経て会社の強みを洗い出し、それから会社案内のデザインを完成させた中小企業もあります。それぐらい会社案内パンフレットは、ブランディング にとって重要なツールだと言うことです。

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。

ブランディングの事例を見てデザインを研究する

2018-09-05 | Posted in Blog, ブランディング論No Comments »