55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

天竜堂「パンフレット」デザイン|静岡|浜松

浜松市の天竜堂さんのパンフレットをデザインさせていただきました。

遠州地域に3店舗と姉妹店の2店舗を展開されている天竜堂さんは「両目でバランスよく快適に見える」をモットーに、メガネやコンタクトレンズ、補聴器などを販売する視聴覚の専門店です。

今回のパンフレットは、保証書とレンズの取扱いを兼ねた一体型のパンフレットになっており、天竜堂さんの理念や視力測定の専門性に焦点をあてた内容になっています。

パンフレットはA5サイズ、外四つ折りの8ページで構成しています。表も裏も表紙になるよう、どちらのページにもキャッチコピーと会社名を掲載しています。

視力測定が表紙になっている方から開くと、天竜堂さんのモットーや視力測定の専門性を突き詰めるというスタンスなど、強いこだわりと真摯さが伝わる内容になっています。

全8ページあるので、ふんだんに写真を取り込むことができ、視力測定の実際の風景や設備について説明しています。

こうして掲載することで、どのような測定が行われているのか、そのプロセスも垣間見ることができます。

補聴器の表紙から開くと、視力と同様、聴力測定室で測定する風景と説明が書かれています。

天竜堂さんでは、補聴器を1日中つけていても快適なつけ心地であることを理想とし、実際にお試しいただくために最長3ヶ月という長期の視聴期間を設けています。また月1回のクリーニングサービスもあるので、購入後もずっとお客さまの「聴こえ」のサポートされています。

一つ一つ丁寧にサービスを伝えることでお客さまの安心感につながります。

保証書も兼ねているので、保証内容やお名前や購入日を記入する箇所も記載しています。

メガネと補聴器を同じ紙面で紹介しても、デザインを揃え、カラーを青とオレンジで使い分けることで、統一感をもたせ、それぞれのサービス内容がわかりやすく伝わります。

「見え方」や「聴こえ方」は普段の生活で大切な役割をもちます。天竜堂さんには、長年の経験と技術をそなえたスタッフが常にお店にいるので、気軽に安心して相談できます。

お店の「真摯な姿」が伝わることも、パンフレットの大切な役割のひとつです。お客さまにとってわかりやすく、安心感につながるパンフレットに仕上がったかと思います。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
パンフレットで意識すべき、ブランディングとは|明石くるまサポート「パンフレット」デザイン