55634|中小企業のブランディング

楽しさと笑顔であふれるトマトのパッケージデザイン|静岡|浜松

 

 

浜松市北区都田町で、トマトや梨の生産を行う「まるたか農園」さん。ご自身のアレルギー体質による経験から、健康へ配慮し、有機肥料を中心とした土耕栽培にこだわって生産をされています。

今回デザインさせていただいたのは、まるたか農園さんのオリジナル商品「ハピフルとまと」の商品ラベルです。

「ハピフルとまと」は、どうやったら子供に喜んでもらえるトマトを作れるかという想いのもと開発されたミニトマトで、ひとつひとつのトマトに笑顔やハートのマークが描かれているのが特徴です。

また、有機肥料を中心とした土耕栽培にこだわり、糖度と酸味のバランスが良く、安心でおいしいミニトマトです。

店頭で陳列された際、箱の中に入ったミニトマトにマークが入っているということはわかりにくく、既存のロゴマークをもとに、笑顔マーク入りのミニトマトであることが、直感的に伝わるラベルを作りたいというご要望でした。

中央に配置されたトマトを中心に、ランダムに笑顔を配置することで、商品の個性が自然に伝わるデザインを意識し、中身のミニトマトをしっかりと視認できるよう、ラベルの幅にも配慮しました。

「食卓に 笑顔をひろげる」というコピーには、こどもたちにとって親しみのあるトマトを作り出すことで、食卓に笑顔を届け、幸せを広げていきたいという「まるたか農園」さんの想いが詰まっています。

トマトが苦手なこどもたちにも口にしてもらえるための商品づくり。そして、その価値を伝えるためのデザイン。いろいろなきっかけをもとに、生産者の想いが広がっていくのが楽しみです。

ほかの記事を読む