55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

磐田市商工会「パンフレット」デザイン|静岡|磐田

磐田市商工会さんからのご依頼で、「磐田の生地」を紹介するパンフレットをデザインさせていただきました。

磐田市の織物生産の歴史は古く、現在全国の90%以上を生産するコーデュロイ・別珍をはじめ、さまざまな生地が織られている繊維業の盛んな地域です。

制作したパンフレットは、A5サイズの四つ折で、全部開くと片面4ページずつ、合計8ページで構成しています。

別珍・コーデュロイの生産地として知名度の高い磐田市ですが、他にも特色ある様々な生地が織られていることが、産地としての特徴です。

こうした種類豊富な織物や、産地の歴史・文化、そして生地生産の工程について紹介できるパンフレットを形にしたいというご要望でした。

表紙を開いて最初のページには、織物産地としての歴史を紹介しています。

遠州灘に面した福田(ふくで)地区を中心に発展した繊維業の歴史は、江戸時代まで遡ります。かつて旅人がもたらしたと言われる織物の技術が、どのように地域に浸透し、生活を支える産業となっていったのか、丁寧に解説させていただきました。

左のページには、織機(しょっき)の動く様子や、職人の手作業の画像を大きく配し、卓越した技術を視覚的に感じられるものにしました。

また、右ページには地図を掲載し、産地のイメージをつかみやすいページにしています。テキストの背景に縁取られた曲線は遠州灘をイメージしたもので、こうした柔らかなデザインで地域性を伝えています。

 

次の見開き2ページには、生地ができるまでの工程をひとつひとつ紹介しています。

一般の方にとって、機織りの現場というのはまず目にすることのない場所だと思います。高度に専門化した各工程は見ごたえのあるもので、画像を中心にして5つの工程に区分して掲載しました。

生産工程には、専門的な要素も非常に多くありますが、一般の方が手にとって分かりやすいパンフレットにするため、ここでは要点を絞り分かりやすい言葉でご紹介しています。また、ページの背景には織り上げられた生地を配置し、豊かな風合いを感じていただけるようデザインしました。

裏面には、磐田で織られる様々な生地の種類をご紹介しています。

いずれも豊かな生地の風合いが特徴ですが、言葉では伝わりづらい部分でもあります。そうした強みがしっかりと伝わるよう、写真を中心にしてページ全体をレイアウトし、ひとつひとつの写真の質にも配慮しています。

また、フォントも柔らかな書体のものを使うことで、生地の雰囲気と一体となったパンフレットに仕上げました。

 

こうした高品質な生地が磐田で織られていること、そして素晴らしい技術が受け継がれていることが、一層多くの方に伝わっていくことを願っています。