55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

まるたけ堂 珈琲・くつろぎ庵「看板」デザイン|静岡|浜松

浜松市中区佐鳴台にある「まるたけ堂 珈琲」さんと「くつろぎ庵」さんの看板をデザインさせていただきました。

「まるたけ堂 珈琲」さんは、落ち着いた空間で丁寧にネルドリップした珈琲を味わえる珈琲店、「くつろぎ庵」さんは、女性専用のヨガ教室です。

両店舗のオープンに伴い、ロゴマーク(まるたけ堂 珈琲くつろぎ庵)、ホームページショップカードを制作させていただくとともに、両店舗の看板についてもデザインさせていただきました。

設置させていただいたのは、店舗の正面にあたる外構部分の2箇所の立て看板と、それぞれの店舗建物の入口、そして第2駐車場の案内看板になります。

いずれも、ロゴカラーをベースにした看板に白抜きの文字をあしらい、店舗の佇まいにしっくりと馴染むよう、シンプルで洗練されたデザインに仕上げています。

 

ブランディングでは、屋外の店舗サインや看板などのデザインのご相談をいただくこともよくあります。

店舗に馴染むデザインであることはもちろん、通りがかりやご来店されたお客さまにとって、見てすぐにわかりやすい機能を備えたものである必要があります。

また、敷地や建物の大きさに対して適切な看板のサイズ感、設置する位置など、考慮する点は多くあります。

施工現場では、微妙な位置や向き、高さなどのバランスの調整を図ることも必要になるため、現場に立ち会って施工の専門家とともに最適な看板の設置を行います。

まるたけ堂珈琲さん・くつろぎ庵さんでは、視認性を保ちながらも主張しすぎず建物に馴染むようデザインし、お店のコンセプトである「居心地の良い空間」を演出しました。

街の喧騒を離れたまるたけ堂珈琲さん・くつろぎ庵さんで、「ほっとする心の平安、静けさ」をぜひ味わってみてくださいね。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
店舗の雰囲気に馴染む看板デザイン事例|遠州綿紬のぬくもり工房「看板」デザイン