55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

遠州綿紬のぬくもり工房「パンフレット」デザイン|静岡|浜松

遠州綿紬のぬくもり工房さんの「総合パンフレット」をデザインさせていただきました。

今回は、5年ほど前にデザインしたパンフレットのリニューアルを兼ねて、遠州綿紬の魅力や商品をもっと多くの方に知ってほしい、という思いからパンフレット制作に至りました。

表紙には、遠州綿紬が伝統的な産業だと直感的に伝わるよう、織機と綿紬の写真をセレクトし、シンプルに仕上げました。前回のパンフレットと同様の写真を使うことで、ブランドのアイコンとして目印のような役割も担います。

中を開くと、反物が並び、伝統的な雰囲気ですが、古めかしくないデザインになっています。

ぬくもり工房さんの企業理念「手のぬくもりは人から人へ」。伝統を受け継ぎ、人と人とのつながりを大切にする会社ということを伝えています。

前半では、かつては綿の三大産地として栄えた歴史や背景を伝え、遠州綿紬ができるまでの工程をわかりやすく写真と文章で紹介しています。

職人さんの仕事風景からは昔ながらの「ぬくもり」を感じられ、「手のぬくもりは人から人へ」という、ぬくもり工房さんの企業理念が伝わります。

 

オリジナルブランドの「つむぐ」をご紹介。つむぐは、どこか懐かしい、伝統的な色合いと独特の風合いを現代に生かした、長く愛せるシンプルなデザインが特長のブランドです。

商品一覧のページは、遠鉄百貨店での展示風景からはじまり、商品名や規格、イメージしやすいよう、柄のバリエーションや用途を紹介しています。

シンプルで見やすいレイアウトは、見る側にとってわかりやすく、ブランドとしての安心感や統一感が生まれます。

 

後半では、星野リゾート「界遠州」さんとコラボレーションした、遠州綿紬で彩られたお部屋の一室を紹介しています。障子やランプシェード、クッションカバーをはじめ、館内のラウンジソファや浴場ののれんも遠州綿紬です。

また、遠鉄百貨店のバイヤー・中村さんのインタビュー記事では、遠州綿紬を知った経緯や魅力、今後の期待など、地域の百貨店ならではの視点で語ってくれています。

最後のページには、会社概要とショップ案内を掲載しています。

パンフレットは、手に取りやすいB5サイズで、全24ページで構成されています。商品一覧にするだけではなく、遠州綿紬の産業の歴史や職人の技、魅力を伝え、コンテンツを充実させることで、商品の背景を知ることができます。

ぬくもり工房さんの企業理念を踏まえ、ブランドの世界観を表現し、伝えたいことがしっかりと伝わる総合パンフレットになったと思います。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ブランディングの力で、会社の取り組みや魅力を伝える