55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

養紡屋「パンフレット」デザイン|静岡|浜松

浜松市で養蜂業を営む「養紡屋」さんのパンフレットをデザインさせていただきました。

「養紡屋」さんは、抗生物質完全不使用のはちみつづくりを、蜂の飼育から製造、販売まで一貫して行われている養蜂家です。これまでに、ロゴマークラベルデザインなどを手がけさせていただいていましたが、今回ホームページの制作と合わせて、パンフレットのデザインをご依頼いただきました。

制作したパンフレットは、ポストカードサイズの四つ折で、全部開くと片面4ページずつ、合計8ページで構成しています。

表紙をめくった1ページ目には、大自然の中に並ぶミツバチの巣箱の写真とともに、養紡屋さんのコンセプトを掲載しました。

自然と一体となった養蜂の現場と、養紡屋さんの理念がじんわりと伝わってくるページとなっています。

 

次の2・3ページ目では、養紡屋さんのはちみつの特徴をひとつひとつ解説しています。

大きな特徴の一つが、『抗生物質の完全不使用』によるはちみつづくりです。生態系や人への影響に十分配慮しながら、自然のままありのままを大切にした養蜂業を営むことで、安全なはちみつが生まれます。

また、栄養価を保つための非加熱製造や、花の個性を活かしたはちみつづくりなど、養紡屋さんのこだわりをこの2ページに凝縮しています。

 

中面の最後の1ページには、生産者の紹介と基本情報を掲載し、ホームページとオンラインストアのURLをわかりやすく表示しています。

ホームページと比べ、掲載できる情報量に限りのあるパンフレットに、全てを詰め込むことは本末転倒になりえます。ブランドのエッセンスを絞り、興味を持っていただいたお客さまには、より詳細な情報を掲載したホームページをご覧いただけるよう動線を作ってあげることも、大切な戦略となります。

 

裏面には、全面に写真を配置し、フォトギャラリーのように目で見て楽しめる構成としました。

一般的には目にすることの少ない養蜂業の現場とともに、自然との共生を大切にする養紡屋さんの世界観やこだわりのはちみつ作りを、肌で感じていただけるページとなっています。

 

ポストカードサイズ(縦14.8cm×横10.5cm)の比較的コンパクトな大きさにし、取扱店やイベント出店時などに配布しやすいサイズ感としました。限られた紙面でも、的確に情報を整理し、写真や余白を効果的に活かすことで、ブランドの世界観を一体的に表現できるパンフレットとなります。

地域内外の多くの方の手にパンフレットが渡ることで、養紡屋さんの安全でおいしいはちみつが一層広がっていくことを願っています。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。

農家向けパンフレットの事例|峯野牛「パンフレット」リニューアルデザイン