55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績, 浜松市のブランディング事例, 静岡県のブランディング事例

養紡屋「ホームページ(wordpress)」デザイン|静岡|浜松

浜松市で養蜂業を営む「養紡屋」さんのホームページをデザインさせていただきました。

http://yohoya.net/

「養紡屋」さんは、抗生物質完全不使用のはちみつづくりを、蜂の飼育から製造、販売まで一貫して行われている養蜂家です。これまでに、ロゴマークラベルデザインなどを手がけさせていただいていましたが、今回パンフレットと合わせてホームページの制作をご依頼いただきました。

トップページには、はちみつのパッケージや養蜂業の様子、食卓での利用シーンなどの大きな画像をスライドショーとして配置しました。品質にこだわり、生産から販売までを行う「養紡屋のはちみつ」への信頼感を直感的に感じられるようデザインしています。

また、トップページ下にはオンラインショップや各メニューのバナー、最新ブログ記事のリンクを配置しています。

いずれも写真を中心にすることで、自然と一体となったものづくりを行う、養紡屋さんの世界観を肌で感じていただけるような仕様としました。

「養紡屋について」というページでは、養紡屋さんのコンセプトを画像とコピーでゆるやかに伝えるとともに、ご自身の定める『経営理念』を掲載しました。

人と環境にとって持続可能な形の養蜂業を通して、安全で確かな品質のはちみつをお客さまに届けていきたいという強い理念が、一語一句に込められています。また、こうした理念を形にした養紡屋のロゴマークの概要についても、あわせて解説をしています。

 

次の「養紡屋のはちみつ」というページでは、養紡屋さんのはちみつの特徴を、ひとつひとつ丁寧にお伝えしています。

養紡屋さんのはちみつの大きな特徴のひとつが、『抗生物質の完全不使用』です。人と自然への影響について参考リンクなどを掲載しながら、しっかりと解説をしています。また、栄養素を保つための非加熱製造や、花の個性を活かしたはちみつづくりへのこだわりについて、項目を分けて掲載しました。

『経営理念』に記された強い信念のもと、こうした品質への徹底した管理を行っていることを示すことで、養紡屋のはちみつへの信頼感が生まれます。

 

「STORY」というページでは、養紡屋がうまれるまでの物語を紹介しています。

生産者である塩見さんは、四季にあわせて蜂と共に移動する伝統的な「移動養蜂」を行う師のもとで養蜂業を学びました。自然の移り変わりに合わせて営む養蜂業を大切にすることが、蜂にやさしく、自然を活かしたはちみつづくりにつながっています。

 

続く「フォトギャラリー」ページでは、養蜂の現場、はちみつ製造の画像や商品画像をランダムに配置しています。

一般的には目にすることの少ない養蜂の現場を肌で感じるとともに、自然との共生を大切にする養紡屋さんの世界観を表現できるページとなっています。

 

「Q&A」のページには、よくある質問を一問一答形式で掲載しました。

はちみつの品質は千差万別なことから、こだわってお求めになるお客さまも多くおられます。

他のページで掲載している内容も含めてここではシンプルに掲載することで、お客さまの率直な疑問に分かりやすく対応しています。

 

情報があふれる現代においては、どれだけ品質にこだわったものづくりをしていても、そうした情報がなかなかお客さまに届かないことが多くあります。

確かな情報をわかりやすく丁寧に伝えるとともに、理念や世界観についても一体的に伝えることで、ブランドとしての価値が生まれ、継続的なファンの獲得につながります。

 

「ミツバチに出会えたことを感謝しつつ、この豊かな恵みをみなさんと共有したい」という養紡屋さんのはちみつが、一層多くのお客さまに届くといいですね。

■養紡屋/http://yohoya.net/

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
【農業】ホームページ制作をデザインでサポート|松香園「ホームページ(WordPress)」デザイン