55634|中小企業のブランディング

ナインスケッチ「雑木の庭パンフレット」デザイン|浜松|静岡

DSCF1035

雑木の庭を中心に手掛けるナインスケッチさんの「パンフレット」を、デザインしました。今回のパンフレットは「雑木の庭」にテーマをしぼって、その想いや施工プロセスをしっかりと伝えるような目的のものです。

DSCF1036

手に取りやすいA5サイズで、表紙をひらくと、雑木の庭の世界観が広がるように写真を配しました。雑木の庭のいきいきとした木々たちの臨場感が伝わればと思います。

このように、両側を開くようなパンフレットの折り方を「観音開き(かんのんびらき)」といいます。観音開きは、表紙からページが両側にひらいて、さらにページが両側にひらきます。ページを開くにしたがって、面積が大きくなるので、世界観が広がるような印象を与えたい時に、観音開きは有効です。

ただ全体をうまく構成するには、どのページをどんな内容にするのか、その構成力が試される折り方でもあります。観音開きはページのつながりが長所なので、その特長を活かした構成にする必要があります。パンフレットのデザインに取り掛かる前に、その構成やアイデアに時間をかけることが重要といえます。

DSCF1042

(左上)が表紙、(右上)が表紙をひらいた状態、(下)が全開の状態です。このように、ひらく段階をおって世界観がひろがります。全開したページには、雑木の庭をつくるプロセスが、細かく書かれています。

DSCF1039

ナインスケッチさんの雑木の庭づくりは、見た目が雑木風というだけなく、土の中の水脈から改善します。見た目の観賞用としての庭ではなく、自然の森林のように、木も健康に育つ庭づくりを徹底しています。そんな想いが伝わるように、パンフレットのデザインを心がけました。

DSCF1041

パンフレットで興味を持った方は、さらに情報がほしいと思うので、裏面では施工事例の写真とホームページのアドレスなどを紹介しています。ホームページを見ていただけば、これまで手がけてきた雑木の庭やそのほかの事例を閲覧することができます。本当に素敵な庭が多いので、みなさんもぜひホームページを覗いてみてください。

■雑木の庭 ナインスケッチ/http://www.9sketch.com/

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
インフォグラフィックで情報を整理し、魅力をわかりやすく伝える|大野建具「パンフレット」デザイン