55634|中小企業のブランディング

大手百貨店のバイヤーが訪ねるように

ほんの数年前までは、展示会に出店したり、小さなイベントに出ていたクライアントに、ホームページを通じて、大手百貨店などから問い合わせが来るようになりました。しかも、百貨店のバイヤーのほうから、浜松まで足を運んでくれるという状況です。

この数年間で地道にブランディング施策を重ねていった結果ですが、ホームページのリニューアルが大きな決め手となったようです。ホームページは、いまや会社紹介ツールの域にとどまらず、ホームページの雰囲気やデザイン、掲載されている情報から、その会社の信頼性を判断するツールへと変わってきています。

この事例では、リニューアルに伴ってホームページのデザインを一新して、情報も多く掲載しました。それにより、大手百貨店からも信頼感を得ることができるようになりました。なにより、バイヤーがお店まで足を運んでくれることは、ブランディングに成功している証拠だと思います。もちろん、売上も好調です。

 

2016-02-22 | Posted in BlogNo Comments »