55634|中小企業のブランディング

セレクトショップからの問い合わせ|SEO|静岡|浜松

「セレクトショップから問い合わせがありました!」と、クライアントの社長さんからのご一報。詳しく話を聞いてみると「御社の商品を取り扱いたい」という問い合わせのようで、前向きな話。全国展開している有名なセレクトショップから、ホームページを通じて問い合わせメールがあったそうです。そして、数日後、さっそく取引が始まりました。

こうした事例、増えてきました。いまや検索も問い合わせも、ネットで容易にできる時代。セレクトショップが『良いもの』を探すときに、ホームページから直接問い合わせをしても、何ら不思議ではありません。ブランディングに取り組んでいる企業は、ホームページの表現にもこだわっていることが多く、むしろ『良いもの』を発掘するのには『良いホームページ』を探すことが、効率的だといえます。

もちろん、ただホームページを公開しているだけでは、このような問い合わせが来るはずもなく、その社長さんは継続的に更新をして情報発信に取り組まれています。その積み重ねの結果、情報が蓄積されて自然的にSEO対策にもなっているのです。つまり、あるカテゴリの情報を探そうとすると、その企業が検索で(関連記事が多いため)必然的にヒットするという構造です。

まさにローマの道は一日にしてならず。情報発信の蓄積は一日してなりませんが、地道にコツコツと情報発信をすることで、自然と不動の地位を築くことができるのです。こちらの記事もご参考にどうぞ。

 

2014-04-14 | Posted in BlogNo Comments »