55634|中小企業のブランディング

社長ブログ

パタゴニアのダウンセーターは浜松の冬には最適!

浜松は風が強い。特に真冬の風はほんと強風で、気温が暖かくても風が強すぎて「寒いっ!」と感じることがとても多いです。

そんな浜松の冬では、アウターはダウンジャケットが必須アイテムだと思っています。ダウンジャケットなら防風できるし、身体を保温もできてしかも軽い。

なかでも、このパタゴニアのダウンセーターは、浜松の冬の生活に最高のアイテムで愛用しています。

(参考:https://www.patagonia.jp/ms-down-sweater/84674.html)

パタゴニアのダウンセーターは、モコモコした本格的なダウンジャケットよりも薄手のダウン。ダウンセーターという商品名ですが、薄手のダウンジャケットです。

このダウンセーター、とにかく軽い。ダウンセーターを着たまま仕事をしてても、アウターを着ているというよりも日常着を着ているような感覚で身体に馴染みます。

もう一点、浜松の冬におすすめする理由が、着丈の短さ。浜松は車社会で車での移動がとにかく多い地域です。

車に乗り降りするときにわざわざアウターを着脱するのは面倒だし、ボリュームのあるアウターをきたまま車を運転すると着ぶくれしてシートベルトが窮屈に感じます。

このダウンセーターなら、着ぶくれもしないからそのまま車に乗ってもさ不快に感じることはなく、車の乗り降りが多い日に非常に便利です。

というわけで、このパタゴニアのダウンセーター、浜松の真冬にほんとおすすめです。

2020-01-31 | Posted in Blog, 社長ブログComments Closed 

 

浜松で日本酒【新政】をたのしむ

浜松で新政をたのしむ新年会

新年早々、おいしい日本酒をいただきました。

会社の新年会で訪れた地場食材を使った和食の店、弁松(正しくは:辨松)さん。料理はもちろん、日本酒にもこだわっている名店です。

少し前は、獺祭がブームになって、ぼくもスッキリとしていて味わいも美味しい獺祭を飲む機会が多かったのですが、ずっと気になっていた【新政】を飲んでみて、この味も好きだな〜と感動しました。

しかもこの新政、2020年の新年純米しぼりたてのボトルなのです。

以前、日本酒に詳しい方から教えてもらった新政。「いま注目の日本酒は新政です。飲めるお店は少ないですよ」という言葉をどこか覚えていたので、浜松で新政を飲めるお店が見つかって本当に嬉しいです。

弁松さんは愛知県の【義侠】も置いてあります。義侠の代表である山田社長とはプライベートで知り合いということもあり、以前から義侠もよく飲ませていただいております。

新政に、義侠に、新年会は美味しい日本酒をいただいて、2020年のスタートを切ることができました。

 

2020-01-16 | Posted in Blog, 社長ブログComments Closed 

 

ナガオカケンメイさんと浜松で新年会

ナガオカケンメイさんと浜松で新年会

2020年の仕事はじめは、ナガオカケンメイさんとの新年会で、1年の幕を開けました。

この新年会、昨年12月にナガオカケンメイさんが浜松で講演会に登壇されたことをきっかけに、遠州綿紬のぬくもり工房の大高さんのお声かけで実現しました。

参加者は、繊維や観光業界からプロダクトデザイナーまで幅広く集まり、ナガオカケンメイさんを囲んで「浜松らしさってこういうとこじゃない?」話に花が咲きました。

ナガオカケンメイさんといえば、ロングライフをテーマにしたD&Departmentのショップや活動。

D&Departmentが初めてできたとき、東京まで足を運びショップを訪れたことを思い出しました。その後、クライアントである遠州綿紬のぬくもり工房さんがD&Department静岡に出展したりと、なにかとご縁があり、今回の新年会はとても楽しみな会でもありました。

ナガオカケンメイさんは、わざわざ遠方からこの新年会のためにお越しになられて、その土地に足を運び、その土地の人たちとお酒を酌み交わす姿勢に感心しました。

二次会まで浜松談義で盛り上がり、地形やルーツを起点に浜松らしさをどうとらえていくかなど、さまざまな角度から皆さんの意見が交わりました。

こうして浜松以外の方と一緒に浜松談義をすると、ふだん空気を吸うように当たり前に思っていることが、実はこの土地の個性であることに気づいたり、とても刺激になり考えるきっかけにもなります。

2020-01-10 | Posted in Blog, 社長ブログComments Closed