55634|中小企業のブランディング

ホームページ制作・WEBデザイン【浜松】

テイクアウト浜松の制作・運営

浜松エリアでテイクアウトのお持ち帰りができる飲食店のポータルサイト「テイクアウト浜松」を制作いたしました。

 

https://take-out-hamamatsu.com

 

浜松市内を中心に、テイクアウトでのランチやディナー、ホームパーティーにもご利用できる、人気のお店をご紹介しています。

素材や味にこだわったプロのお料理は、見た目も華やか。食卓にプラスするだけで、いつもよりほんの少し贅沢な気分になります。

 

お好みのお料理を、ご自宅でゆっくりと寛ぎながら楽しんでみませんか?掲載店は随時追加していきます。

 

掲載料は無料です。掲載のご希望、お問い合わせにつきましては、こちらからお願いいたします。

 

 

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
地方での働き方を書籍で伝えるデザイン|はままつ仕事図鑑(浜松市)の出版・デザイン

 

ホームページ制作実績|はまかぜ法務事務所(浜松市・東京)

ホームページ制作実績|はまかぜ法務事務所(浜松市・東京)

浜松市中区萩丘と東京・日本橋に司法書士法人事務所をかまえる、はまかぜ法務事務所さんがホームページをリニューアルすることになり、デザイン制作を担当させていただきました。

http://www.hama-kaze.jp/

はまかぜさんは、浜松市と東京を拠点として、相続や不動産の登記をはじめ、遺言書作成のサポートなど、法律手続きについての業務を幅広く行っています。

トップページはメイン画像はスライドさせず、あえて1枚にすることで、落ち着いた印象になり、「相続の相談・受託件数、年間500件以上。」という、はまかぜさんの強みが際立って見えます。

ベースカラーには、落ち着いた色合いの深緑をセレクトし、ロゴとの相性もよく、安心感や信頼感を表現しています。

「はまかぜの強み」のページでは、はまかぜさんの事業内容や強みをまとめています。安心のチェック体制なども紹介し、安心、満足をモットーに丁寧なサービスを心がけていることが伝わってきます。

「ご利用の流れ」のページでは、相談から契約までの流れと費用について掲載。一般の方だと法務事務所の相談費用の相場に馴染みがないので、しっかりと明記しておくことで、不安が和らぐかと思います。

「事務所紹介」のページでは、挨拶とともに法人概要を掲載しています。

「スタッフ紹介」のページには、代表をはじめ、有資格者の顔写真と名前、経歴をまとめています。個人的な相談事にこたえる事務所として、スタッフの顔が見えることは重要です。

専門的な業務はもちろん、信頼感や人柄が大切になってくる士業。ホームページ全体を通して、はまかぜさんの強みや誠実さを表現できたかと思います。

●司法書士法人はまかぜ法務事務所ホームページ/http://www.hama-kaze.jp

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで会社の理念や実績を伝える|社会保険労務士法人リライアンス「ホームページ」デザイン

 

ホームページデザイン(浜松市)制作実績をご紹介

ホームページ制作実績|スプラウト(浜松市)WEBデザイン

浜松でホームページ制作を行っている株式会社55634は、ブランディングで会社の価値を高めるWEBサイトのデザインが得意です。

ホームページは、ビジネスを行う上で大変重要なツールのひとつです。ネット社会になって情報をネットから得る時代、ホームページの重要性は増すばかりです

ホームページを作りたい。もっと充実した内容にホームページをリニューアルしたい。そう思う経営者の方、個人事業主の方は多いと思います。

この記事では、静岡県浜松市のプロが制作したホームページの実績をもとに、デザインのポイントや企業の魅力の伝え方などを解説します。

1.ホームページとは

1-1.ホームページ制作の手法について

ホームページ制作を検討するとき、ホームページ制作会社に頼むのか、それともWixやJimdoを使って自分で制作するのか、迷われている方は多いと思います。

ホームページ制作といっても、どんなシステムを使うのかによって、デザインの仕上がりが変わってきますし、SEO対策をないがしろにしてしまうと、せっかくホームページを制作しても、アクセスが全くなく集客に結びつかない、ということもあり得ます。

ホームページの制作は、ブログ機能をそなえたWordPress(ワードプレス)を使ったデザインが世界的に主流になっており、ホームページ制作の業者選びの際に、実績や品質のほかに、WordPressで制作可能か、ということひとつの検討材料になります。WordPress(ワードプレス)でホームページを制作すれば、ホームページを公開したあとに、自分たちでブログを更新することもできます。

また、ホームページ制作会社を選ぶ際に、格安でホームページ制作を頼んでも、そのあとの月々のランニングコストが結構かかることもあります。実績や品質、見積もりではランニングコストはどれぐらいかかるのか、といった面を総合的に判断して、優良な業者選びをする必要があるでしょう。

2.浜松市のホームページ制作のデザイン事例

2-1.動画と実績で伝えるコーポレートサイト

静岡県浜松市で椅子や家具の張替えを請け負う、株式会社スプラウトさんのホームページ。

ホームページのトップページを開くと、動画が自動再生されます。ホームページを見た人がまず目にする、印象的な動画。トップページで動画を自動再生することで、閲覧者がその世界観に引き込まれます。

また、事例紹介のページでは、ビフォアアフターと、張替えにかかる費用の目安を表示しています。こうした項目を表示することで、張替えを依頼しようと検討している方の不安が取り除かれ、価格と品質の把握ができます。

ホームページは、スマホでの閲覧をしやすいようにスマホファーストでデザインをすることで、画面のせまいスマホで閲覧しても、その世界観をそこなうことなく、心地よくホームページを閲覧することができます。

株式会社スプラウトさんは、張替えの品質はもちろん、どんな風に使ってきた家具か、誰に譲ってもらった物かなど、その背景を大切にしてくれる会社です。そのコンセプトをしっかりと伝えるホームページに仕上がっています。

2-2.商品のストーリーを伝えるホームページ

静岡県浜松市で遠州綿紬の商品をプロデュースする、有限会社ぬくもり工房さんのホームページ。

トップページは、大きなスライドショーでホームページを訪れたユーザーに、ぬくもり工房の世界観を伝えます。トップページのバナーの数は多めですが、デザインや幅を揃えることで、ホームページ全体が統一感をもち、スッキリとした印象を与えることができます

遠州綿紬は、江戸時代からつづく浜松市の伝統織物。その商品の背景にあるストーリーをしっかりと伝えるために、遠州綿紬がどのようにできるのか、職人さんがどのように関わっているのか、そうしたノウハウをホームページに掲載することで、より遠州綿紬の魅力を感じてもらえるホームページになっています。

また、問い合わせページのカテゴリも特徴的。お問い合わせページが通常、1つのコーポレートサイトに代表の問い合わせフォームが1つというケースが多い中、ぬくもり工房さんでは、いくつものお問い合わせフォームを設けることで、お客さまが問い合わせをしやすく、なおかつその問い合わせを受ける社員が「何の問い合わせなのか」を、すぐに把握できるようになっています

ホームページに海外のお客さまもアクセスするため、英語ページも制作。日本語ページと比べると情報量は少なめですが、デザインをしっかりと統一し、ブランドの印象は世界共通で伝わるようなデザインになっています

2-3.スマホ対応で見やすいホームページ

静岡県浜松市で雑木の庭や外構デザインを提案する、株式会社ナインスケッチさんのホームページ。

最近では、パソコンよりもスマホでホームページを閲覧することが一般的になってきました。ホームページによってはスマホからのアクセスのほうが多い企業も増えてきました。そうなると、当然、スマホ対応のホームページを検討する必要があり、スマホで見たときのホームページの見やすさが集客にも影響を与えます

ナインスケッチさんのホームページでは、パソコンで見たときとスマホで見たときと、ホームページのレイアウト(配置)を替えています。なぜなら、パソコンは横長でスマホは縦長なので、画像の表示の仕方などが大きく変わります。スマホからの閲覧を意識することで、画像や文字のサイズなどをスマホに最適化したデザインにすることができます。

最新のお知らせと実績は、WordPress(ワードプレス)のブログ形式。自社内のスタッフが記事を入力できます。また画面の最下部には常に、「お問い合わせ」へのリンクが表示されています。これは、閲覧者がどのページを閲覧中でも「問い合わせをしたい!」と思った時に、すぐに問い合わせフォームに移動することができたり、スマホならばそのまま電話をかけられたりと、実際の問い合わせまでの導線をスムーズにするためです

スマホ対応をするには、別途費用がかかることもあり、ホームページ制作をする際には、実績や品質のほかに、こうしたユーザビリティ(使いやすさ)も考慮して検討する必要があります。

3.浜松市の採用に効果的なホームページの制作事例

3-1.企業の安心感を与える採用インタビューサイト

静岡県浜松市で油空圧機器などを取り扱う技術商社、株式会社サカエさんの採用特設リクルートサイト。

働き方改革や人材不足が近年のキーワードになる中、採用活動により力を入れていく企業が増えてきました。採用活動では会社説明会などの現場での魅力の伝え方のほかに、ホームページにおいても積極的に情報発信していくことが必要となります。特にWEBとFacebookやInstagramなどのSNSを組み合わせた情報発信は、スマホを使い慣れた若い世代には効果的です。

この採用特設サイトでは、社員のインタビューを月替りで更新。プロのカメラマンとライターによる取材で、単に情報を載せるだけでなく、写真や文章のクオリティにもこだわったリクルートサイトになっています。格安のホームページ制作では、こうしたコンテンツのクオリティまでこだわることは難しいと思いますが、デザインに精通した制作会社に依頼することで、写真撮影や取材の品質など、クリエイティブの面でもこだわることができます

また、こうして社員のみなさんがホームページに登場することによって、学生がホームページを見たときに安心感を与えることができます。どんな人がどんな風に働いているのだろう?という想像がつきやすくなりますね。

この採用専用のリクルートサイトは、ホームページを公開するだけでなく、さらにFacebookやInstagramでも連携して、幅広く情報発信に努めています。こうしたホームページとSNSの連携によって、ホームページのアクセスを増やすことができます。

3-2.社員の笑顔で採用に好印象のホームページ

静岡県浜松市で100年続く地域密着企業、明石石油株式会社さんのコーポレートサイト。

社員を大切にする明石石油さんのホームページでは、笑顔や社員一人ひとりのインタビューなど、人にスポットを当てたホームページになっています

会社のビジョンを表すキャッチコピー「いつも安心、ずっと支える」をテーマに、社員インタビューから社長メッセージまで、一貫してビジョンを実直に表現しています。社長の写真とメッセージが載っていることで、顧客だけでなく、採用活動の学生さんにとっても安心できる企業像が描けるのではないでしょうか。

また、100年を超えて企業が続いている実績は信頼の証。ホームページにアクセスした浜松市在住の方にとって、地元に地域密着の100年企業があることで安心感を抱けますし、笑顔がいっぱいのホームページで親しみやすさも感じると思います。会社概要では、経営理念や売上高を記載してあります。こうした会社情報をしっかりと項目を設けて記載することも、ホームページ制作にとっては重要な要素となります。

3-3.こだわりや設備の充実を伝えるホームページ

静岡県浜松市のメガネ・補聴器の専門店、有限会社天竜堂さんのホームページ。

天竜堂さんでは、「技術日本一」を目指し、目や耳の検査に力を入れ、格安のメガネ店が増える中、技術力を強みにした地域密着型の専門店です。

経営者の内山社長には、なぜ目の検査に力を入れるのか、確固たる信念があります。その経営者の想いをたっぷりと取材し、ロングインタビューのような形式でホームページに掲載しています。ホームページを単なる集客のためのツールと考えるのではなく、自分たちのビジョンや想いに共感してもらう場として、ホームページが存在しています。

プロのカメラマンとライターによって取材を受けることで、その想いがいっそう際立ち、的確に伝わりやすくなります

また、このホームページでは、技術にこだわる専門店ならではの設備も掲載。日本の中でも珍しい全国屈指の視力測定、聴力測定の設備が載っていることで、設備面においても信頼を感じることができると思います。

こうしたコンセプトがホームページを見た人に伝われば、費用面だけで判断されず、このお店に任せれば安心だといった信頼関係にもつながります。それと同時に、このお店で働きたい!といった採用面でも有利になります

4.浜松市の農業・林業ホームページの制作事例

4-1.動画と写真で魅力を伝える農園ホームページ

静岡県磐田市で純国産のえごま油をつくる、まごえ農園さんのホームページ。まごえ農園さんは浜松市の農園ではありませんが、浜松市に近い磐田市で農業を営まれ、ホームページが充実しているのでご紹介します。

まごえ農園さんは、国産のえごま油にこだわりを持って農業を営んでいます。農業のホームページでは、農家の方がWixやJimdoを使って自分でホームページを制作しているケースがよく見受けられます。しかし、まごえ農園さんのように、プロのデザイン会社にホームページ制作を任せることによって、クオリティの高いホームページで、農作物や商品の魅力を伝えることができます

トップページを開くと自動再生される農業の風景。ついつい見入ってしまいますよね。こうした作業風景も動画として伝えると商品の背景が伝わりやすいです。こだわって作った商品であれば、なおさらです。写真もプロのカメラマンが撮影。動画も静止画も品質にこだわり、ただ情報を伝えるだけでなく、より魅力的な伝え方ができています

また、文章もたっぷりと掲載。こちらの文章は、経営者のインタビューをもとに、プロのライターが取材をして書き起こしています。自分でホームページを作ると第三者の視点が抜けてしまい、独りよがりな文章になりがちですが、プロのライターが取材することで、客観的に見て伝えるべき情熱や内容を精査できます。動画、静止画、文章、どれもホームページ制作を構成する重要な要素となります。

  • まごえ農園・ホームページ
  • URL:https://magoenouen.com
  • 会社所在地:静岡県磐田市壱貫地389

4-2.経営者や事業の想いが伝わるホームページ

静岡県浜松市で天然乾燥の製材にこだわる、永田木材株式会社さんのホームページ。

永田木材さんは、製材を事業として行うだけでなく、日本の国産のヒノキや杉を使うことで、日本の山を守ることになる「森林循環」を大切にされています。そうした事業にかける想いをホームページにしっかりと掲載しています

近年、業者を選ぶときに、実績や品質や価格のほかに、「共感」がキーワードになってきました。共感できる取り組みを行う企業とコラボしたい。そんな共通の想いのもとにコラボする企業が増えてきています。

格安で手に入れられる、見積もりが安いといった価格面で勝負しても、中小企業が勝てる勝負は限られています。それならば、自分たちが何にこだわって事業を行っているのか、そのポイントをしっかりとホームページに掲載し、その想いに共感してくれた企業と事業に取り組むのは理にかなっています。中小企業は、商品だけなく、考え方をホームページに載せることをおすすめします

4-3.商品の品質を写真で伝えるホームページ

静岡県浜松市で抗生物質完全不使用の蜂蜜を作る、養紡屋さんのホームページ。

養紡屋さんは、人と環境にとって安心安全な蜂蜜を届けるために、経営理念をしっかりと掲げ、蜂の飼育から蜂蜜の製造、販売まで一貫して行っています。

ホームページ制作では、こだわりを持っている企業や個人事業主の想いを伝えることが大切です。その際に重要になってくるのが写真です。InstagramやSNSの普及によって、以前にも増して「写真」の重要性が増してきました。

写真のクオリティは、商品の売上にも影響します。プロのカメラマンによる写真を中心にホームページを制作すれば、そのホームページは魅力的な世界観を構築できます。写真の品質にしっかりとこだわり、クオリティの高いホームページを制作することは、商品の価値を伝える上で、商品づくりと同じく重要な要素です。

5.ホームページを制作会社に任せるメリット・デメリット

5-1.ホームページ制作で失敗しないための方法について

ホームページを制作するときに失敗しないために、まず初めに気をつけたいのは、どんなコンテンツを載せるかです。

ホームページ制作というと、すぐにSEO対策などのテクニックを気にする人がいますが、それよりもまずは中身が重要です。中身であるコンテンツを決めたら、次に重要なのは、どう伝えるか、見え方の部分です。

ホームページ制作会社に依頼した場合、サイトマップやホームページの構成はホームページ制作会社がノウハウをもとに手助けしてくれることでしょう。しかし、何を載せるのかに関しては、実際に事業を営む企業が決めなければなりません。ホームページ制作会社に依頼することによって、見ばえのデザイン面は品質がよく心配がなくなるかもしれませんが、中身については自分で充実させる必要があると思います。

ホームページ制作会社に任せるときのデメリットとしては、ランニングコストが高くつく可能性があります。自分でホームページを制作すればレンタルサーバを自分で契約することがほとんどですが、ホームページ制作会社に依頼することによって、月々のサーバの保守管理が発生し、毎月の費用が累積すると結構な金額になる場合があります。ホームページ制作会社にホームページ制作を依頼する場合、初めの時点でランニングコストとなるサーバ代がいくらになるのか、把握して検討することが大切です。

5-2.WixやJimdoを使って自分で作るのと何がちがうか

近年ではWixやJimdoを使って、自分でホームページを制作する経営者や個人事業主も増えてきました。たしかにこうしたサービスは簡単にホームページを開設することができるので、自分でホームページを制作しやすいです。

しかし、自分でホームページを制作すると、初めのうちはテンプレートから選ぶだけで満足していたものの、もう少しオリジナル感を出したかったり、徐々にコンテンツやカテゴリが増えすぎてしまって、見づらいホームページになってしまうことがあります。また、コンピューターに不慣れな方だと、WixやJimdoを使ってもホームページ制作に時間がかかってしまい、その疲労感が本業に影響する可能性もあります。

ホームページの中身であるコンテンツに関しても、客観的な視点から制作したほうが「人に伝わりやすい」内容になることが多いです。自分でホームページをすべて制作するのではなく、餅は餅屋という感じで、見た目のデザインやシステム部分はホームページ制作会社に依頼し、自分は中身のコンテンツに集中するといった方法もおすすめです。

6.まとめ

ホームページ制作を検討するとき、さまざまな事例を見て、まずは「こんなホームページにしたい!」というイメージを持ちましょう。ホームページは、ビジネスを行う上で大変重要なツールのひとつです。プロのホームページ制作会社に依頼して、デザインやシステムのことは任せて、自分は本業に集中することも大切です。

もし、ホームページ制作で分からないことがあれば、安心してご相談ください。→お問い合わせはこちら

この記事を書いた人


外山佳邦 / 株式会社55634代表(静岡県浜松市)
https://www.55634t.com

静岡県浜松市でホームページやロゴなどのデザイン制作を100社以上、手掛けてきました。コピーライター時代はキャッチコピーや商品コピーを3000件以上、さまざまなジャンルのコピーライティングを経験しています。静岡県浜松市在住。株式会社55634代表。

ホームページ制作のことは安心してご相談ください。→お問い合わせはこちら

ホームページ制作を検討するときに主な重要事項

  • サーバ会社はどの会社と契約するか?
  • ドメイン名はどうするか?
  • どんなシステムを使ってホームページを制作するか?
  • ホームページ制作会社に任せるか、自分で作るか?
  • どんなホームページ制作会社に依頼するか?
  • ホームページを公開したあとに、誰が更新をするか?
  • スマホでのホームページの見え方
  • 見積もりにランニングコストは含まれているか?
  • 写真撮影を頼めるカメラマンはいるか?
  • 動画をホームページに取り入れるか?
  • サイトマップは誰がつくるか?
  • テストサイトはどんな環境で制作するか?
  • ホームページ公開日を決める
  • Google Analyticsのアクセス解析の設定
  • ホームページとFacebookやInstagramとの連携
2019-12-02 | Posted in ホームページ制作・WEBデザイン【浜松】Comments Closed 

 

浜松市のワードプレス(WordPress)デザイン制作事例をご紹介します

静岡県浜松市でワードプレス(WordPress)でデザイン制作されたホームページをご紹介します。ワードプレス(WordPress)でスマホ対応もしているホームページデザインです。プロのデザイン事務所の品質で、カスタマイズが可能です。

ワードプレス(WordPress)のご相談はこちらまでどうぞ
浜松市でワードプレス(WordPress)デザインの相談をする

 

ホームページ制作実績|スプラウト(浜松市)WEBデザイン

ホームページ制作実績|スプラウト(浜松市)WEBデザイン

浜松市で椅子や家具の張替えを手がける、株式会社スプラウトさんのホームページをデザイン制作しました。今回はホームページのリニューアルとなります。

スプラウトさんは、ご家庭や店舗、商業施設などで古くなった椅子の座面、ソファの張替えなどを手がけています。布張りから革張り、車のカスタマイズにも対応しているなど、張替えのことなら何でも相談できる会社です。

今回のホームページリニューアルにあたっては、スマホでの閲覧をしやすいようにスマホファーストでデザインをすること、張替えのコンテンツをより分かりやすく伝えることを目的としています。

ホームページを開けるとまず飛び込んでくるのが、動画です。張替えや裁断、縫製をするシーンを動画撮影し、それをテンポよく組み合わせて自動再生しています。こちらの動画は雰囲気から構成まで、すべて当社におまかせいただきました。

張替えのメニューは整然と分かりやすく。写真をクリックすると写真だけがスライドして、画面を変えることなく閲覧できるデザインにしました。

施工事例は「ビフォアアフター」をワンクリックで切り替えられる仕様に。ビフォアの状態をみることで、張替えの品質を感じることができ、これから張替えを頼もうと検討している方の不安が軽減されると思います。

スマホでの閲覧でもビフォアアフターは見ることができます。むしろ、スマホのほうが写真が切り替わる様子を間近で見られて、ついついクリックしたくなるような仕様になっています。

今回のホームページリニューアルでは、もうひとつの目的がありました。それは、張替えを単なる修理サービスのように提供するのではなく、その背景にあるストーリーに共感して張替えを心を込めて手がけていることが伝わるようにすることです。

「想い出と暮らそう」というキャッチコピーを中心に据えて、張替えのエピソードを「ある母娘の物語」という形で掲載しています。

スプラウトさんは、張替えの品質はもちろん、どんな風に使ってきた家具か、誰に譲ってもらった物かなど、その背景を大切にしてくれる会社です。

こうした会社が地域にあると、古くなった家具を安心してリペアでき、長く使うことができますね。

●株式会社スプラウトホームページ/https://sprout.co.jp

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
会社のビジョンを伝えるホームページデザイン|明石石油「ホームページ(WordPress)」デザイン|静岡|浜松

 

ホームページ制作実績|明石石油(浜松市)WEBデザイン

ホームページ制作実績|明石石油(浜松市)WEBデザイン

浜松市に本社を構える明石石油株式会社さんのホームページをデザイン制作しました。今回はホームページのリニューアルとなります。

明石石油さんは、すまい・くるま・エネルギーまで、地域に無くてはならないことをトータルでサポートする地域密着の企業です。

今回のホームページリニューアルにあたっては、明石石油さんが大切にするビジョンがしっかりと伝わることを第一目標にしました。

会社のビジョンを伝えるために「人」に焦点を当て、明石石油を支える社員さんたちが写真にたくさん登場します。

明石社長のメッセージもたっぷりと掲載。浜松市で100年続く企業らしく、誠実なサービスを心がけていることが伝わります。

事業内容は、それぞれのページを設け、より詳細を知るには「明石すまいサポート」「明石くるまサポート」といった専門ホームページが用意してあります。

社員一人ひとりの「いつも安心、ずっと支える」取り組みについては、今後コンテンツを更新していくことで、たくさんの社員さんがこれから登場予定です。

こうしたコンテンツは採用にも結びつく、大切な採用ブランディングでもあります。

スマホページは、縦長になった専用のページを用意。スマートフォンで閲覧しやすいようにレイアウトのデザインを変えています。

明石石油さんは地元・浜松の100年企業です。ホームページがより充実したことにより、地域の方々への情報発信がより良くなることを願っています。

●明石石油株式会社ホームページ/https://www.akashi-sekiyu.co.jp

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
採用につながるリクルートサイトのホームページデザイン|サカエ「採用特設サイト(WordPress)」デザイン・取材・編集|静岡|浜松

 

ホームページ制作実績|天竜堂(浜松市)WEBデザイン

浜松市を中心にメガネ・補聴器の販売をされている「天竜堂」さんのホームページをデザインさせていただきました。

http://www.tenryu-do.com

「天竜堂」さんは、1933年に創業し、浜松市や磐田市に6店の店舗を構えられているお店です。

お客様の目や耳の状態をできる限り正確に判断するため、「視覚機能測定」「聴力測定」の技術向上に積極的に取り組まれ、豊富なラインナップからお客様に合った最適なメガネ・補聴器を提供することを理念に取り組まれています。

トップページには、こうした天竜堂さんの測定技術と意気込みが伝わる画像&コピーをメインにデザインしました。トップの画像はスライド式で、補聴器の案内や店舗の様子などの画像も表示されるデザインとなっています。

天竜堂さんでは取扱商品が多岐にわたりますが、メニューのカテゴリとして主に「天竜堂の想い」「メガネ」「補聴器」「商品一覧」に整理いたしました。

 

「天竜堂の想い」のページでは、天竜堂さんがどんな想いで取り組み、地域のお客さまにどんな価値を提供していきたいのか、代表者からの言葉をたっぷりと掲載いたしました。

『私たちは、メガネに関して「一流のシェフ」でありたいと思っています。レンズが食材とすれば、これを扱う私たちはシェフ。社員一人一人が、その道の高みを目指して、進化し続けていかなければならないと思っています。』

『正確な測定で、必要な機能を見出し、暮らしをサポートできる最適なものをご提供する。それが、私たちの仕事です。』

そんな言葉に、天竜堂さんの想いが現れているのではないかと思います。

 

続く、「メガネ」「補聴器」のページでは、目や耳の状態を正確に把握するための施設や測定技術、ご相談の流れなどを詳しくご紹介しています。

視覚測定について、一般的なメガネ店での測定では2~3mの測定室で行いますが、より正確な測定を行うため天竜堂さんの測定室は全国的にも珍しく4.5mもの長さがあり、通常の測定に加えて21項目の精密測定を行っています。

また、聴力測定室についても、一般的には1畳程度のスペースで行うことが普通ですが、3畳という全国的にも数少ない広いスペースで聴力測定を行っています。また、月一回の無料クリーニングを行い、使用感を定期的に相談できる機会を設けています。

こうした、他にはない大きな強みについて、各ページでしっかりと伝えられる内容にしています。

 

取扱商品の紹介については、「商品一覧」のページに下層のカテゴリを設けてひとまとまりでご覧いただけるデザインとしました。

一般的なメガネセットプランのご紹介のほか、「こども用メガネ」「機能レンズ」「バイカー用サングラス」など、必要な方にとってすぐに分かるカテゴリ分類をすることで、迷うことなく必要な情報にたどり着いてもらえるような構成にしています。

それぞれのページには、豊富なラインナップや、測定技術をもとにした天竜堂さんの強みを丁寧にご紹介しています。

 

また、会社概要のページには、求人情報を紹介するページについても設けさせていただきました。

想いや理念をしっかりと伝えられるホームページを作ることで、働きたいと思う方にとっても正確に情報が伝わります。また、理念に共感してくれる人材を求める会社にとっても、ミスマッチの起こりにくい効果的なものとなります。

 

地域の方の生産性を向上させ、お客様の幸せの一助となる仕事を続けていきたいという天竜堂さん。

確かな技術を基に、今後も頼られるメガネ・補聴器のお店として地域に一層根づいていって欲しいですね。

■天竜堂/http://www.tenryu-do.com

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ものづくりのこだわりを伝えるホームページ | 養紡屋「ホームページ(WordPress)」デザイン

 

ホームページ制作実績|禅組子(浜松市)WEBデザイン

日本建築の建具に使われる「組子」の技術を結集し、組子の新たな魅力を伝える「禅組子」をプロデュースし、ホームページを制作しました。その他、パンフレットDMも手がけています。

http://zenkumiko.com

組子細工は、小さく切り出した木のパーツを、手作業で組み合わせる、飛鳥時代から受け継がれる伝統技法です。主に住宅や寺院の建具などに使われてきましたが、近年では国内需要が落ち込み、職人が減り続けています。

浜松市で組子製品を手がけるジェイウッドさんからご相談を受け、卓越した伝統技術を、アート作品として昇華させたいと考え、組子技術の新たな価値の提案「禅組子」の開発に至りました。

禅組子は「禅を感じる美しさ」をコンセプトに、1600個もの木のパーツを職人が手作業で組み上げています。モチーフとなっている麻の葉は、古来より魔よけや葉がまっすぐ伸びることから、子どものすこやかな成長を願う縁起物としても用いられてきました。

トップページのメイン画像はスライドさせず、あえて1枚にすることで、落ち着きのある印象を伝えることを意識しました。

その他トップページには、禅組子のコンセプトである「禅を感じる美しさ」が伝わる文章と画像を配置。組子細工の歴史や職人の技術の習得までに10年以上の歳月がかかることなどを掲載しています。日本の「伝統美」と職人の「技」が伝わるデザインにしました。

また、海外からのニーズにも応えられるように、英語も併記しています。

作品の説明やサイズを掲載。

Aboutページでは、禅組子の制作者のジェイウッドさんについて掲載しています。他のページ同様、シンプルに掲載することで、見やすく、全体に統一感があります。また禅組子のもつ世界観や魅力が伝わるデザインに仕上げました。

 

ショップリストやNEWSページも配置。

画像のレイアウト、テキストのバランス、余白の取り方など、ページ全体をシンプルに仕上げることで、統一感がでて、見やすいホームページに仕上がったかと思います。

禅組子が、日本だけでなく海外の方にも、その良さを知ってもらえればと思います。

■禅組子/http://zenkumiko.com

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
「伝わる」ホームページデザインの実例|エルムコート「ホームページ(wordpress)」デザイン

 

ホームページ制作実績|エルムコート(浜松市)WEBデザイン

エルムコート(浜松市・曳馬)のホームページデザイン

浜松の家具店・エルムコートさんのホームページをデザイン制作させていただきました。

http://www.elm-court.co.jp

エルムコートさんでは、品質とデザイン性にこだわった国産ソファやギャッベ(イラン製の手織絨毯)、ダイニングテーブルや椅子などを取り揃えています。どれもお店独自のセレクトで、他店では取り扱いのないものも数多くあります。

これまでに、お店紹介のポストカードDMをデザインさせていただきました。また、エルムコートさんが定期的に開催される、浜松近郊の専門店が集まるポップアップストア「ストアーズスタイル」のロゴとチラシのデザインや、同様のコンセプトを本で表現した『EN magazine』のデザイン・取材・編集に携わらせていただいています。

今回、お店の顔であるトップページには、お店の雰囲気が伝わるよう、こだわりの家具やギャッベの大きな画像をスライドショーとして配置しました。

コンセプトページにあるキャッチコピー、「家具選びは、生き方選び。」は、現在の店主のお父さまである初代店主が考えたものだそうです。エルムコートさんで取り扱う家具やカーペットは、素材とつくりにこだわり、心を込めてつくられ、永く愛用したいものばかり。そんなエルムコートさんらしさが伝わるキャッチコピーです。キャッチコピーも大切に受け継いでいくことで、より一層、お店のブランド力を高めてくれます。

商品ページは、取り扱う家具を写真で一覧できます。

商品を選んでクリックすると、サイズや価格などの詳細が掲載。さまざまな角度から見たカットの写真が、豊富に掲載されているので、実際に設置した時のお部屋のイメージがわいてきます。

ギャッベの商品ページでは、リビングや玄関などサイズ毎に一覧することもできます。

「About」ページでは、エルムコートさんの創業の歴史や想い、お店のインフォメーションを掲載しました。サイドバーの「Special Feature」をクリックすると、エルムコートさんのおすすめするギャッベや心石工芸さんについての紹介があります。また、Instagramのフォトギャラリーも設置しています。

『家具との出会いは一期一会。当店のセレクトしたアイテムが「自己表現」としてのインテリアのパートナーとなれば幸いです。』というエルムコートさんの想いが伝わるホームページになったかと思います。

■エルムコート/http://www.elm-court.co.jp

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ブランドの世界観を、デザインで魅力的に表現|遠州綿紬のぬくもり工房「パンフレット」デザイン

 

ホームページ制作実績|東英木工(磐田市)WEBデザイン

磐田市で木工加工を行っている「東英木工」さんのホームページをデザインさせていただきました。以前、パンフレットも手がけさせていただきました。

http://toeimokkou.com

東英木工さんは、木の質感やぬくもりを感じられる無垢材の家具や建築用木材への木工加工を行う会社です。もともとは、ピアノの支柱(ピアノの背面の柱)の製造を手がけてこられましたが、近年は楽器製造でみがかれた加工技術をいかし、木工加工を行っています。

トップページには、東英木工さんの代表商品である木のモザイク壁や職人さんの仕事風景などの大きな画像をスライドショーとして配置しました。

品質のページでは「加工機は職人にとって手先の一部」という東英木工さんの熟練した技術が伝わる画像とともに、こだわりや想い、強みを伝えています。


代表商品の木のモザイク壁は、タイル状に切り分けた木材を土台となる壁材に、レンガを積むように配置した壁材です。凹凸のある表面は、光の当たり具合によって陰影がうまれ、さまざまな表情が楽しめます。

木のモザイク壁のページには、木材のバリエーションや自然塗料塗装の有無など、画像をわかりやすく並べて、丁寧に説明しています。

 

フォトギャラリーでは、職人さんの仕事風景を覗くことができます。クリックすると画像が拡大して表示されます。

ブログページも設置しています。こまめに情報を発信し、自社の情報を貯めていくことで、ホームページやブログに訪れた人が、過去の情報でも長期間にわたって閲覧できます。その小さな積み重ねが、自社のブランディングにつながるはずです。

■東英木工/http://toeimokkou.com

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
デザインで「強み」が伝わるホームページ制作|ネックラック「ホームページ(WordPress)」デザイン

 

ホームページ制作実績|養紡屋(浜松市)WEBデザイン

浜松市で養蜂業を営む「養紡屋」さんのホームページをデザインさせていただきました。

http://yohoya.net/

「養紡屋」さんは、抗生物質完全不使用のはちみつづくりを、蜂の飼育から製造、販売まで一貫して行われている養蜂家です。これまでに、ロゴマークラベルデザインなどを手がけさせていただいていましたが、今回パンフレットと合わせてホームページの制作をご依頼いただきました。

トップページには、はちみつのパッケージや養蜂業の様子、食卓での利用シーンなどの大きな画像をスライドショーとして配置しました。品質にこだわり、生産から販売までを行う「養紡屋のはちみつ」への信頼感を直感的に感じられるようデザインしています。

また、トップページ下にはオンラインショップや各メニューのバナー、最新ブログ記事のリンクを配置しています。

いずれも写真を中心にすることで、自然と一体となったものづくりを行う、養紡屋さんの世界観を肌で感じていただけるような仕様としました。

「養紡屋について」というページでは、養紡屋さんのコンセプトを画像とコピーでゆるやかに伝えるとともに、ご自身の定める『経営理念』を掲載しました。

人と環境にとって持続可能な形の養蜂業を通して、安全で確かな品質のはちみつをお客さまに届けていきたいという強い理念が、一語一句に込められています。また、こうした理念を形にした養紡屋のロゴマークの概要についても、あわせて解説をしています。

 

次の「養紡屋のはちみつ」というページでは、養紡屋さんのはちみつの特徴を、ひとつひとつ丁寧にお伝えしています。

養紡屋さんのはちみつの大きな特徴のひとつが、『抗生物質の完全不使用』です。人と自然への影響について参考リンクなどを掲載しながら、しっかりと解説をしています。また、栄養素を保つための非加熱製造や、花の個性を活かしたはちみつづくりへのこだわりについて、項目を分けて掲載しました。

『経営理念』に記された強い信念のもと、こうした品質への徹底した管理を行っていることを示すことで、養紡屋のはちみつへの信頼感が生まれます。

 

「STORY」というページでは、養紡屋がうまれるまでの物語を紹介しています。

生産者である塩見さんは、四季にあわせて蜂と共に移動する伝統的な「移動養蜂」を行う師のもとで養蜂業を学びました。自然の移り変わりに合わせて営む養蜂業を大切にすることが、蜂にやさしく、自然を活かしたはちみつづくりにつながっています。

 

続く「フォトギャラリー」ページでは、養蜂の現場、はちみつ製造の画像や商品画像をランダムに配置しています。

一般的には目にすることの少ない養蜂の現場を肌で感じるとともに、自然との共生を大切にする養紡屋さんの世界観を表現できるページとなっています。

 

「Q&A」のページには、よくある質問を一問一答形式で掲載しました。

はちみつの品質は千差万別なことから、こだわってお求めになるお客さまも多くおられます。

他のページで掲載している内容も含めてここではシンプルに掲載することで、お客さまの率直な疑問に分かりやすく対応しています。

 

情報があふれる現代においては、どれだけ品質にこだわったものづくりをしていても、そうした情報がなかなかお客さまに届かないことが多くあります。

確かな情報をわかりやすく丁寧に伝えるとともに、理念や世界観についても一体的に伝えることで、ブランドとしての価値が生まれ、継続的なファンの獲得につながります。

 

「ミツバチに出会えたことを感謝しつつ、この豊かな恵みをみなさんと共有したい」という養紡屋さんのはちみつが、一層多くのお客さまに届くといいですね。

■養紡屋/http://yohoya.net/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
【農業】ホームページ制作をデザインでサポート|松香園「ホームページ(WordPress)」デザイン

 

ホームページ制作実績|まるたけ堂 珈琲・くつろぎ庵(浜松市)WEBデザイン

ホームページ制作実績|まるたけ堂 珈琲・くつろぎ庵(浜松市)WEBデザイン

浜松市中区佐鳴台にある「まるたけ堂 珈琲」さんと「くつろぎ庵」さんのホームページをデザインさせていただきました。

http://mc-ka.com/

まるたけ堂 珈琲さんでは、ネルドリップで丁寧に淹れる珈琲を味わえます。くつろぎ庵さんは、女性専用のヨガ教室で、女性特有の悩みを解決するヨガを実践されています。

両店舗は、2018年3月にご夫婦でオープンし、ロゴマーク(まるたけ堂 珈琲くつろぎ庵)やショップカードのデザインも手がけさせていただいています。

トップページには、大きな画像を配し、あえてスライドはさせず、お店のコンセプトである「居心地の良い空間」が伝わるようにデザインしました。また、2店舗のホームページとわかるよう、画像の上に両店舗のロゴマークを配置しました。

大きな画像の下にはお店のお客さまに対する「思い」を文章で伝えています。雰囲気のある店内の写真とシンプルなメッセージは、ホームページを見た瞬間、お店の世界観に引き込まれます。

「珈琲店」のページでは、お店の名前の由来や豆についてのこだわり、メニューを伝えています。

素材や豆に対する考え方、こだわりを丁寧に伝え、来店された方はもちろん初めて知る方にも、お店の思いや世界観を知るきっかけになります。

家具やインテリアの細部にもこだわっているので、色んな角度から撮影された画像を配置しています。ゆったりと空間を使っているので、落ち着いた雰囲気の中、上質な時間を過ごせそうです。

「ヨガ」のページでは、くつろぎ庵さんが目指す、しなやかな女性らしい身体づくりをヨガのメソッドを織り交ぜながら説明しています。

実際の教室の風景の画像を配置することで、教室に通うイメージがしやすく、生徒さんとの距離感やアットホームな空気感が伝わります。

「プロフィール」のページには、ご夫婦のプロフィールを並べて配置しています。店主の顔やプロフィールを知ることで安心感や親近感がより一層わくようになります。

お二人が提供する「ほっとする心の平安、静けさ」が伝わるホームページになったと思います。これからのお店の展開が楽しみですね。

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ホームページの雰囲気でお店の魅力を伝える|エルムコート「ホームページ(wordpress)」デザイン

 

松香園「ホームページ(wordpress)」デザイン|静岡|磐田

 

磐田市のメロン販売店「松香園」さんのホームページをデザインさせていただきました。

http://shoukaen.com/

松香園さんは、昭和8年創業、静岡県西部の特産品であるマスクメロンのギフト商品を多数取り揃えたお店です。松香園さんでは、これまでにロゴマークのリニューアルをはじめ、紙箱パンフレット「食べ頃のしおり」、紙袋のデザインも手がけさせていただいています。

トップページでは、メロンのおいしさや品質への信頼感が直感的に伝わるよう、食べごろのメロンのカットや高級感ある桐箱のパッケージ、メロンの実る様子などを大きな画像のスライドショーとして配置しました。

スライドショーの下には、オンラインショップや各メニューのバナーを配置するほか、最新ブログ記事のリンクが表示される仕様とし、ロゴのカラーに合わせたシンプルなデザインにまとめています。

 

今回、松香園さんからのご要望は、静岡のマスクメロンの概要とともに、四季のメロンの特徴について発信できるものにしたいということでした。

温室で通年栽培されている静岡のマスクメロンですが、一年を通して安定した品質のものを出荷するために、高い技術を持つ生産者たちが季節に合わせて様々な工夫を凝らしており、季節ごとの味わいには特徴が生まれます。

「四季のメロン」というページでは、季節にあわせたメロン栽培や味わいについて、それぞれの特徴の解説をしています。

こちらの春作メロン・夏作メロン・秋作メロン・冬作メロンの画像は、季節に合わせてトップページのスライドショーにも表示することで、より四季を感じられるデザインとしました。

 

また、その下には「静岡マスクメロンができるまで」というコンテンツを設け、種まきから収穫までの行程を細かく紹介させていただいています。

四季を通じて行うメロンづくりには、確立されたひとつひとつの行程と、一連の作業を適切に行う生産技術が基にあります。

こうした部分を丁寧に伝えることで、メロンの産地に根ざした直売店だからこそ生まれる、品質への信頼感を伝えられるものにしています。

 

続く「静岡のマスクメロンづくり」ページでは、その他のマスクメロンの概要についてご紹介しています。

信頼ある品質のメロンを出荷する「静岡県温室農業協同組合」における管理やメロンづくりの歴史のほか、メロンのおいしい食べごろや栄養素、「マスクメロン」の名称の由来など、あらゆる情報を詳しく掲載することで、メロンに詰まった様々な背景を感じていただけるものにしています。

高度な生産技術を要するメロンは、情報にも奥行きがありますので、こうしたことを知ってもらうこともメロンの価値を一層高めることにつながります。

「商品一覧」ページには、松香園さんで取り扱っているメロンや特選ギフトなど様々な商品を一覧で表示し、オンラインショップへ直接リンクする仕様になっています。閲覧者が気になった商品を最短の手続きで注文できることが、オンラインショップでの受注における大切な要素になります。

松香園さんは今回のホームページリニューアルにあわせて、オンラインショップのリニューアルも行い、こちらも手がけさせていただきました。

■松香園オンラインショップ/https://shoukaen.net/

 

「店舗案内」ページには、カフェスペースのご案内や、地図や営業時間等の基本的な情報を掲載するほか、スタッフ全員が取得している「メロンアドバイザー」の資格についてご紹介しています。

メロンの産地で安心できるメロンを取り揃えるとともに、知識豊富なスタッフがご案内する松香園さんなら、用途に合わせた贈り物のご相談などがいつでもできます。

 

高級な贈り物として全国で親しまれている静岡のマスクメロンは、地域で関わる方々にとってもやはり特別なものです。これからも信頼できるメロン産地の直売店として、たくさんの方に愛され続けてほしいですね。

■松香園/http://shoukaen.com/

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
コンセプトを意識した「伝わる」ホームページづくり|養紡屋「ホームページ(wordpress)」デザイン

 

ホームページ制作実績|リライアンス(浜松市)WEBデザイン

浜松の社会保険労務士法人リライアンスさんのホームページをデザインさせていただきました。

http://reliance1002.com/

リライアンスさんは、浜松市を拠点として地域の企業の労務支援を行う社会保険労務士法人です。

流通、建設、製造関係など様々な業種のほか、農業者・農業法人の方々への労務管理支援についても積極的に取り組まれており、前身である「鈴木泰子社会保険労務士事務所」の時代から、地域の多くの経営者をサポートしてこられました。

リライアンスさんからは、個人事務所から法人化への転換を進める中で、法人のロゴマークと合わせてホームページの開設についてご依頼いただきました。

オレンジや黄色などを基調とすることで、事務所やスタッフのみなさんが持つ温かな雰囲気や信頼感などを表現し、ロゴマークと一貫したデザインにまとめています。

 

トップページには、事務所の風景やスタッフの様子を撮影した画像をスライドで設置しました。表示される画像は適度なサイズに抑えることで、親しみやすい空気がじんわりと伝わるレイアウトに仕上げています。

また、スライド画像の中のひとつには、リライアンスさんにとって大切な方々からの贈り物がセレクトされています。ご縁や感謝の気持ちを大切にするリライアンスさんらしい一枚ですが、こうしたひと工夫により、関わる方にとって一層愛着の湧くホームページとなります。

スライドショーの下には、組織の概要やコンセプトの紹介と、メニューから抜粋したリンクバナーを配しています。

リンクバナーも親しみやすいデザインにまとめています。

 

「ごあいさつ」のページでは、代表・鈴木泰子さんからのメッセージからのほか、鈴木泰子社会保険労務士事務所時代から携わる様々な役職や、講演・執筆の実績、紹介された誌面などをまとめています。

積み重ねられてきた様々な実績を分かりやすくまとめておくことで、閲覧した方に信頼感を伝えることができるます。また、「ごあいさつ」というページの中に掲載することで、押し付け感のない自然な伝え方を意識しました。

実績紹介の次には、「社会保険労務士法人リライアンスのあゆみ」という内容を加えています。新たに設立された法人にとって、個人事務所からの活動実績やご縁は、大切な礎です。ここでは活動の歴史だけでなく、理念や想いも含めて丁寧にご説明させていただいています。

 

他のメニューには、「経営理念」や「スタッフ紹介」などのページを設けました。企業としての経営理念をしっかりと伝えるとともに、各スタッフの個性も伝わる内容としています。

スタッフ紹介では、人柄の伝わるアットホームな親しみやすさだけでなく、顧客様への熱いメッセージも加えることで、それぞれのスタッフに対する信頼感も伝わる内容としています。

 

また、「お客さまの声」では、クライアント様からのお声をいただきご紹介させていただきました。

単に印象や感想といった形ではなく、リライアンスさんへ依頼をしたきっかけや、依頼することによって起きた変化、今後の展望といったエピソードを質問の中心とすることで、リライアンスさんの経営理念の一つである「顧客様とともに歩む」という取り組みの姿勢が伝えられるものとしています。

 

ホームページ全体を通して、掲げられている経営理念や、多岐にわたる活動の実績、クライアント様の声などを、リライアンスさんらしい個性を大切にしながら表現させていただきました。

専門的な業務を行う法人であっても、それぞれの組織ごとに理念や取り組みの姿勢、雰囲気などには特色があります。ホームページでは必要な情報を伝えることはもちろん、他と似通ったものにならないために、「らしさ」をどれだけ表現できるかがとても大切です。

法人化によって益々、活躍の場が広がることと思います。リライアンスさんらしい、親しみやすく頼りがいある取り組みを続けられることで、これからも地域の経営者と産業を支えていっていただきたいと思います。

■社会保険労務士法人リライアンス/http://reliance1002.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
デザインのチカラで「強み」を表現|はまかぜ法務事務所「ロゴ・ホームページ・封筒・カタログ」デザイン

 

ホームページ制作実績|明石くるまサポート(浜松市)WEBデザイン

ホームページ制作実績|明石くるまサポート(浜松市)WEBデザイン

浜松にオープンした「明石くるまサポート」さんのホームページをデザイン制作させていただきました。

前身である「車検革命 カーケアセンター明石」から、新店舗へ移転すると同時に、新ブランドを立ち上げ、イメージを一新されたいとのことで、ネーミングやコンセプトづくりの段階から、ブランディングアドバイザーとして、関わらせていただきました。

トップページは、大切な愛車の鍵をあずけるシーンに、キャッチコピーが添えられたイメージ画像から始まります。この大きなイメージ画像はスライドショーになっていて、4枚の画像が数秒ごとに切り替わります。どの画像も、お店のコンセプトである「信頼感」や「安心感」が伝わる画像をセレクトしています。

スライドショーの下には、電話でのお問い合わせ案内と各ページへのリンク、ブログの新着記事タイトル、フェイスブックのフィードが表示されます。

下の写真はスマートフォンで見たときの画面。トップページです。スマートフォンでは、お問い合わせのボタンを押すと、発信できるようになっています。

車のオーナーさんは、若い方から熟年世代まで幅広い年代層の人たち。インターネットに不慣れな方でも、お電話で気軽に問い合わせられるよう、表示位置と機能を考えました。

 

トップページ以外にも、スマートフォンに合わせて表示や動きが変わる部分がいくつかあります。

その一つが「サービスメニュー」の料金表。パソコン画面では横長の表で左右に余白がありますが、スマートフォン画面では余白を自動調整して、キュッとコンパクトに表示されます。文字のサイズも画面に合わせて調整し、読みやすくしています。

 

 

明石くるまサポートさんのように、個人のお客さまがユーザーとなる場合は、スマートフォンでの閲覧確率がより高くなります。パソコン画面とスマートフォン画面での細かい表示の切り替えで、どちらでも見やすく、わかりやすいサイトにすることが大切です。

もちろん、こうした機能以前に、コンセプトやストーリーがしっかりとあることが大前提です。明石くるまサポートさんでも、「選ばれる理由」というページタイトルで、お店のサービスポリシーや特徴を紹介しています。

コンセプトなど想いを伝えるページと、価格やサービスの流れなどを説明するページ。前者は見る人の感性や気持ちにうったえるように写真や言葉の一つ一つを引き立て、後者は明確かつ機能的にするなど、ことなる表現が必要になります。

両方が揃ってはじめて、ブランドとしてのイメージができあがるので、それぞれのページ内容に合ったデザインや機能を盛り込むことが大切です。

■明石くるまサポート http://www.akashi-sekiyu.co.jp/ks/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
「世界観」や「こだわり」が伝わるホームページづくり|永田木材「ホームページ(wordpress)」デザイン