55634|中小企業のブランディング

起業独立・10名以下の会社のブランディング・デザイン事例

ブランディングやデザインに取り組むなら、起業独立したときや少人数の会社のほうが有利です。なぜなら、ホームページのデザイン、会社案内のデザインを決めるなど、意思決定を行い社員に浸透させるには、会社の母体が小さいほうが伝わりやすいからです。起業独立のときには、ビジョンが最も明確になっている時期。一人で起業したとしてもブランディングは重要です。零細企業といわれる小規模な中小企業にとっても、他社と差別化することや今後の採用につなげていくには、ブランディング・デザインはとても重要です。ここでは起業独立、10人以下の会社のブランディング・デザイン事例をご紹介します。

  • ホームページデザイン
  • 採用ブランディング
  • 会社案内
  • 自社ブランド
  • 起業独立・10名以下
  • 製造業・建築系
  • 農業・農作物
  • 動画