55634|中小企業のブランディング

静岡県のブランディング事例

リーフレットデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

リーフレットデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

磐田市でえごま油の製造と販売を手がけるまごえ農園さんから、ギフトボックスに添えるリーフレットのデザインのご依頼をいただきました。

まごえ農園さんでは、農薬や除草剤を一切使わず、種まきから収穫まで自然のリズムにあわせ、えごまを育てられています。えごまの栽培から搾油・瓶詰めまで一貫して行われ、丹精込めて作られた純国産の「安全・安心」なえごま油を販売されています。

えごま油を本格的にブランド化するにあたり、ロゴマークからホームページ制作ネットショップ制作ラベルや名刺まで、デザインにかかわる全てをお任せいただいています。

今回ご依頼いただいたリーフレットは、贈答用のギフトボックスにえごま油と一緒に梱包する際に使われるものです。

使用するギフトボックスは細長く、リーフレットはえごま油の瓶に沿って箱に入るようサイズを調整し、二つ折りにしても使用できるように仕上げています。

おもて面には、青空を背景に、まごえ農園さんの自然豊かなえごま畑が広がる写真を配置しました。シンプルにロゴと名前、住所などの基本情報と、ホームページへ誘導するQRコードを配置しています。

情報を載せる紙面が小さいので、QRコードがあることで、リーフレットには掲載しきれない情報を伝えることが可能になります。

うら面には、まごえ農園さんのこだわりの製法など、お客さまに伝えたい大切な情報を厳選して掲載しています。

また、えごまの実や、えごま油ができるまでの工程など、少ない枚数ですが手に取った人が見て気になる画像を配置しました。

限られた紙面だからこそ、メリハリをつけて情報を整理して掲載することが大切です。まごえ農園さんの想いや商品の価値が伝わるリーフレットに仕上がったと思います。

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
おいしさと安心を感じるパンフレット制作|88餃子「パンフレット」デザイン

 

会社案内・パンフレットデザイン実績|hiro furniture(浜松市)

会社案内・パンフレットデザイン実績|hiro furniture(浜松市・相生)

浜松市中区相生町で、東京をはじめ全国にファンが広がっている家具ブランド「hiro furniture」さんの会社案内・パンフレットをデザインさせていただきました。

hiro furnitureさんでは、オーダー家具のほか、住宅建築や店舗デザイン、ガーデン設計など、さまざまな事業を展開されています。

素朴で無骨な素材から生まれるhiro furnitureさんの家具や建物は、シンプルで洗練されたデザインの中にあたたかみを感じられる、落ち着いた雰囲気が魅力です。

パンフレットはA4サイズ40ページで構成しています。横型の見開きはダイナミックな印象を与え、ワイドな写真を大胆にレイアウトできます。

質感や素材感を大切にしながら、ものづくりをされるhiro furnitureさんの世界観が伝わるよう、パンフレットの紙質にもこだわりました。

1ページずつ、ページを大切にめくりながら、物語のようにじっくり読んでいただけるような仕上がりにしました。WEBにはない紙の特別な手ざわりを感じながら、ページを行ったり戻ったりして、何度も読んでもらいたいという想いも込めています。

はじめに「ものづくりを通して伝えたいこと」を軸に、代表のヒロさんが起業したきっかけや想いを伝えています。

余白をたっぷり使い、写真の大きさや文章の配置が単調にならないよう、リズム感をもたせてレイアウトを構成しています。

つづいては、hiro furnitureさんの家具づくり、空間づくりについて、丁寧に説明しています。

また、hiro furnitureさんの「こだわり」が感じられるよう、家具や施工事例はフォトギャラリー形式で、写真を豊富に掲載しています。

「DETAIL GALLERY hiro furnitureのデザイン解剖」のページでは、家具や空間づくりに用いる素材について説明しています。なにげない細部にもこだわりが詰まったhiro furnitureさんならではのページです。

後半のページでは、hiro furnitureさんではたらくスタッフの想いや、はたらく風景を掲載しています。このようにつくり手の想いやこだわりを伝えることで、お客さまはより一層ブランドに対して愛着を持つことができ、それがブランド価値へとつながっていきます。

最後のページには、会社概要やショールームの地図などを掲載しています。

家具や空間づくりに対する想いやこだわりを、しっかりと丁寧に伝えることで、興味を持っていただいた方が、実際にお問い合わせをしたり、ショールームを訪れるきっかけになるのだと思います。

今回はhiro furnitureさんの価値観をデザインで表現し、ブランドの世界観とつながるようなパンフレットに仕上がったと思います。

浜松から全国へ、今後もhiro furnitureさんの家具や空間が広がっていくのを期待しています。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで商品の魅力をわかりやすく伝える|まごえ農園「ホームページ」デザイン|静岡|磐田

 

 

チラシ制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

チラシ制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

浜松市中区佐藤町に2019年12月にオープンした「88餃子(ぱちぱちぎょうざ)」さんのチラシをデザインさせていただきました。

88餃子は、保険代理店を営むフォースワンAGさんが、新規事業として立ち上げた餃子の新ブランド。新ブランドの立ち上げに伴い、餃子のネーミングからロゴマークパンフレットリーフレット巻紙店舗のれん・看板制作折込チラシまで、デザインに関わることはすべて任せていただきました。

今回のチラシは、88餃子を職場などにお届けしてくれる新サービスの告知に使用するものです。

ブランドカラーであるオレンジを基調に、チラシには、大きく餃子を配置し、直接届けてもらえるのが直感的に伝わるよう、新たにキャラクターをデザインし掲載しました。かわいらしいキャラクターは親しみやすく、より目をひくデザインになります。

毎日帰宅してから夕食を作るのは、なかなか大変なことです。会社に冷凍餃子が届いたらメインのおかずが決まり、夕食の準備が楽になりますし、スタッフ同士で味の感想を言い合えるのも新たなコミュニケーションツールとして活用できそうです。

この88餃子の「88便」が、はままつ餃子の新しいサービスとして多くの人に広まるのが楽しみです。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
企業理念を込めたロゴマーク制作|ユイサポート「ロゴ」デザイン|静岡|浜松

 

テイクアウト浜松の制作・運営

浜松エリアでテイクアウトのお持ち帰りができる飲食店のポータルサイト「テイクアウト浜松」を制作いたしました。

 

https://take-out-hamamatsu.com

 

浜松市内を中心に、テイクアウトでのランチやディナー、ホームパーティーにもご利用できる、人気のお店をご紹介しています。

素材や味にこだわったプロのお料理は、見た目も華やか。食卓にプラスするだけで、いつもよりほんの少し贅沢な気分になります。

 

お好みのお料理を、ご自宅でゆっくりと寛ぎながら楽しんでみませんか?掲載店は随時追加していきます。

 

掲載料は無料です。掲載のご希望、お問い合わせにつきましては、こちらからお願いいたします。

 

 

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
地方での働き方を書籍で伝えるデザイン|はままつ仕事図鑑(浜松市)の出版・デザイン

 

会社案内・パンフレットデザイン実績|アライブ(浜松市・布橋)

会社案内・パンフレットデザイン実績|アライブ(浜松市・布橋)

浜松市中区布橋に本社をかまえる、株式会社アライブさんの会社案内のパンフレットをデザインさせていただきました。

アライブさんでは、浜松を中心に遠州地域で、売買・賃貸仲介、土地・不動産の活用企画など、不動産に関わる事業を多角的に手がけられています。

会社案内では「管理部」「営業部」「賃貸部」「保険部」の各部門の強みを整理し、この会社案内を見ればどなたでもアライブさんの「強み」が理解できるよう、わかりやすいデザインにしました。

表紙には『「頼んでよかった」をすべての人に。』のコピーと、はたらくスタッフの方や取扱物件を写真を配置しました。

ページをめくると、コピーとともにアライブさんの想いとメッセージを伝えています。

不動産業と聞くと少し難しい印象があるかもしれませんが、インフォグラフィックを使うことで、固い印象になりがちなサービス内容をわかりやすく表現しています。

各部門の業務内容についても、できるだけシンプルな文章でわかりやすくお伝えしています。

企業概要・理念、代表者からのメッセージやあゆみなどをまとめています。

スタッフインタビューでは、社員の方がアライブで働くきっかけや、やりがい、職場の雰囲気について語っています。

社員の方の言葉であらためて語ってもらえると、より説得力があり、会社の「らしさ」が伝わるかと思います。

サイズはA4サイズ・20ページ。クリアファイルにぴったり収まり、他の書類と一緒に保管しやすいサイズ感です。アライブさんの強みがしっかりと伝わり、シンプルでわかりやすいパンフレットになったかと思います。

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ホームページリニューアルで会社のビジョンを伝える|明石石油「ホームページ」デザイン|静岡|浜松 

 

 

英訳チラシ・取扱説明書デザイン実績|ネックラック(浜松市)

英訳チラシ・取扱説明書デザイン実績|ネックラック(浜松市)

静岡県浜松市で「首に不安をかかえる方の、移動時間を快適にしたい。」そんな想いから生まれた「ネックラック」。今回、ネックラックの使い方や想いを伝えるチラシと説明書の英語版を制作しました。

以前は通販サイトを中心に販売してきましたが、ここ最近は東急ハンズ新宿店や名古屋店など、全国に販路を広げられています。

東急ハンズは多くの日本人をはじめ、外国人の方々にも親しまれています。今回は、インバウンドニーズに対応し、既存のチラシと説明書を英訳表記にしました。

基本的なデザインは変更せず、限られたスペースにゆとりを持って文章を配置しています。日本語を英訳すると、自然と元の文章より長くなってしまいますが、単語数を必要最低限に留めて訳しています。

スペースに収まりつつ、限られた語数であっても細かいニュアンスが伝わるよう仕上げました。

日本語版と英語版を並べても、違和感なく収まりのよいデザインに仕上がったかと思います。

取扱説明書もチラシ同様、限られたスペースで簡潔に説明できるよう気を配りました。専門用語もあるので、見ていただく外国人の方がよりスムーズに、違和感なく読めるよう仕上げています。

ネックラックさんからは、数年前からブランディングのご相談をいただき、ロゴマークをはじめ、ホームページチラシのデザイン、動画制作など、ブランドの立ち上げから関わせていただいています。

浜松で開発されたネックラックが、こうして全国、海外にも販路を広げ、たくさんの人々のお悩みを解消してくれたら嬉しいですね。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
「品質」と「安全」が伝わるホームページ制作|まごえ農園「ホームページ(WordPress)」デザイン

 

 

プラスチックカードデザイン制作実績|天竜堂(浜松市)

プラスチックカードデザイン制作実績|天竜堂(浜松市)

浜松市を中心にメガネ・補聴器の販売をされている天竜堂さんの「メガネこども保証」のプラスチックカードをデザインさせていただきました。

以前、ホームページパンフレットのデザインも手がけさせていただきました。

「天竜堂」さんは、1933年に創業し、浜松市や磐田市に店舗を構えられています。

お客様の目や耳の状態をできる限り正確に判断するため、「視覚機能測定」「聴力測定」の技術向上に積極的に取り組まれ、豊富なラインナップからお客様に合った最適なメガネ・補聴器を提供することを理念に取り組まれています。

天竜堂さんの豊富なサービスの中で、0歳児から中学3年生までのお子さんを対象に「メガネこども保証」というサービスがあります。サービス内容は、万一、見え方に不具合や急な度数変化があった場合、購入から1年間は無料、以降1年間は半額というサービスになっています。

成長期のお子さんをもつ保護者にとって嬉しいアフターケアサービスですね。

保証カードは、名刺サイズ。角を丸く加工することで、見た目の印象がおだやかになり、デザイン全体がやさしい雰囲気に仕上がります。

おもて面には、名前と購入日が記入でき、うら面には保証内容を記載しています。お財布に常備していてもかさばらないよう、紙の厚さにも配慮しました。

黄色いカードは目に留まりやすく、常にお財布にいれておけるので、急に必要になったときも便利ですし、何かあれば天竜堂さんに連絡できるという安心感につながります。

お子さんのメガネは、目の発達をサポートする大切なツールだと思います。お子さんの目に不調や違和感を感じたらすぐに相談できる、かかりつけ医のようなメガネ屋さんは頼もしい存在ですね。

「地域をより良い場所にするために、地域の方の生産性を向上し、お客さまの幸せの一助になる。」という天竜堂さんの理念と想いが、これからもたくさんの方に広がっていくといいですね。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ロゴマークが印象的なショップカード実績|はりサロンCamellia「ショップカード」デザイン

 

折込チラシ制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

折込チラシ制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

浜松市中区佐藤町に2019年12月にオープンした「88餃子(ぱちぱちぎょうざ)」さんの折込チラシをデザインさせていただきました。

88餃子は、保険代理店を営むフォースワンAGさんが、新規事業として立ち上げた餃子の新ブランド。新ブランドの立ち上げに伴い、餃子のネーミングからロゴマークパンフレットリーフレット巻紙店舗のれん・看板制作まで、デザインに関わることはすべて任せていただきました。

こちらの折込チラシは、店舗のオープン直前に新聞折込に使用されるとのことで、デザインはパンフレットなどの制作物とビジュアルを統一させ、ブランドとして一体感を持たせています。

折込チラシには、オープン日や住所、電話番号、営業時間、地図、価格などを掲載。チラシを見て店舗に来られるよう、地図は大きめに掲載しています。

ただし、情報を載せすぎてしまうとインパクトに欠けるので、文字数は伝えたい情報のみを掲載。主役である焼き立ての餃子を大きく掲載することで、ひと目見ただけで、何のお店がオープンするのか伝わりますし、思わず食べたいと思ってもらうにも効果的です。

掲載する情報の優先順位に気をつけることで、たくさんあるチラシの中でも目を引く、存在感のあるチラシに仕上がります。

さまざまな準備を経て、無事にオープンされた88餃子さん。新しい浜松餃子の味として、地元の人々をはじめ、全国に広がっていくのが楽しみです。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
デザインで地域の農産物の魅力を伝えるパンフレット制作|野沢園「パンフレット」デザイン

 

名刺デザイン制作実績|ゼロワン(浜松市)

名刺デザイン制作実績|ゼロワン(浜松市)

浜松市中区田町で不動産物件の撮影などを手がける株式会社ゼロワンさんの名刺をデザインさせていただきました。名刺のほかにもロゴマークパンフレットなどのデザインも手がけさせていただいています。

今年7月に創業されたばかりのゼロワンさんでは、主に不動産物件の撮影をはじめ、360度カメラによるパノラマ撮影や、Google認定フォトグラファーによる撮影と、Googleストリートビューへの店舗画像登録などのサービスがあります。

名刺には、会社のロゴマークと住所や電話番号を掲載。ショップカードのようなデザインで、ひと目見ただけでも印象に残りやすい名刺に仕上げました。

通常の名刺より、横1cmほど短くデザインし、サイズ感に変化をつけ、シャープな印象になっています。使ってる人が少ない大きさですが、名刺入れにはストレスなく入り、受け取った相手にインパクトを高めるサイズかと思います。

裏返すと、社名と肩書、名前など、シンプルな情報をすっきりと掲載。名刺には、ついつい情報量を多く掲載しがちですが、情報を詰め込みすぎると窮屈に見えてしまいます。おもて面とうら面を効果的に使いながら、しっかりとアピールし、有効活用するのがおすすめです。

名刺は、直接相手に自分の情報を渡せる有効的なツール。印象に残すことができれば、相手が何かの際に思い出し、連絡をとる大切な役割を担っています。

また、サイズ感やデザインにインパクトのある名刺だと相手もよく覚えてくれ、「変わった名刺ですね」などと会話のきっかけにつながることもあります。

新たな事業をはじめられたゼロワンさん。この名刺が多くのビジネスシーンで活用されるのを願っています。

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
コンセプトや価値観が共感を生むパンフレット制作|くつろぎ庵「パンフレット」デザイン

 

店舗のれん・看板制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

店舗のれん・看板制作実績|『88餃子(ぱちぱちぎょうざ)』(浜松市)

浜松市中区佐藤町に、昨年の12月にオープンした餃子専門店「88餃子(ぱちぱちぎょうざ)」。昨年10月から12月までの3ヶ月間、遠鉄百貨店本館地下1階で販売され、ついに今回お店をオープンしました。

88餃子は、保険代理店を営むフォースワンAGさんが、新規事業として立ち上げた餃子の新ブランドです。新ブランドの立ち上げに伴い、餃子のネーミングからロゴマークパンフレットリーフレット巻紙、展示装飾まで、デザインに関わることはすべて任せていただきました。

店舗ののれんは、ブランドカラーであるオレンジを基調に、餃子専門店であることを直感的に感じられるデザインに仕上げました。木枠の扉に馴染みつつも、大きな道路沿いにある店舗なので、ぱっと目を引くのれんになっています。

店舗看板は、車やバイクで走行されている方にも目に入りやすいよう、店舗脇に設置しました。看板には、大きな餃子の写真と店名を配置。シンプルなデザインですが、遠くから見てもインパクトがあり、お店の存在を認識してもらうのに効果的です。

看板設置は、場所の特性を活かしながら、店舗の存在をアピールすることで、お客さまの来店を促すことにつながります。そのため、施工現場に立ち会って、微妙な位置や向き、高さのバランスを調整しながら最適な看板の設置を行っています。

88餃子は、こだわりの厳選素材を使った、野菜たっぷりの浜松餃子です。冷凍販売なので冷凍ストックとしても常備できます。ご自宅用やお土産に、ぜひ立ち寄ってお買い求めください。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
お店のコンセプトを演出する看板設営|まるたけ堂 珈琲・くつろぎ庵「看板」デザイン

 

ホームページ制作実績|はまかぜ法務事務所(浜松市・東京)

ホームページ制作実績|はまかぜ法務事務所(浜松市・東京)

浜松市中区萩丘と東京・日本橋に司法書士法人事務所をかまえる、はまかぜ法務事務所さんがホームページをリニューアルすることになり、デザイン制作を担当させていただきました。

http://www.hama-kaze.jp/

はまかぜさんは、浜松市と東京を拠点として、相続や不動産の登記をはじめ、遺言書作成のサポートなど、法律手続きについての業務を幅広く行っています。

トップページはメイン画像はスライドさせず、あえて1枚にすることで、落ち着いた印象になり、「相続の相談・受託件数、年間500件以上。」という、はまかぜさんの強みが際立って見えます。

ベースカラーには、落ち着いた色合いの深緑をセレクトし、ロゴとの相性もよく、安心感や信頼感を表現しています。

「はまかぜの強み」のページでは、はまかぜさんの事業内容や強みをまとめています。安心のチェック体制なども紹介し、安心、満足をモットーに丁寧なサービスを心がけていることが伝わってきます。

「ご利用の流れ」のページでは、相談から契約までの流れと費用について掲載。一般の方だと法務事務所の相談費用の相場に馴染みがないので、しっかりと明記しておくことで、不安が和らぐかと思います。

「事務所紹介」のページでは、挨拶とともに法人概要を掲載しています。

「スタッフ紹介」のページには、代表をはじめ、有資格者の顔写真と名前、経歴をまとめています。個人的な相談事にこたえる事務所として、スタッフの顔が見えることは重要です。

専門的な業務はもちろん、信頼感や人柄が大切になってくる士業。ホームページ全体を通して、はまかぜさんの強みや誠実さを表現できたかと思います。

●司法書士法人はまかぜ法務事務所ホームページ/http://www.hama-kaze.jp

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで会社の理念や実績を伝える|社会保険労務士法人リライアンス「ホームページ」デザイン

 

パンフレット制作実績|浜松市ユニバーサル農業(浜松市)

静岡県浜松市が推進する、農業と福祉の連携事業「はままつのユニバーサル農業」のパンフレットを制作させていただきました。

「ユニバーサル農業」とは、一般的に「園芸福祉」や「園芸療法」といった言葉で知られている、園芸作業を行うことによるいきがいづくりや、高齢者・障がい者の社会参加などの効用を、農作業の改善や農業の多様な担い手の育成などに活かしていこうという取り組みです。

近年、農業分野における担い手の不足と、福祉分野における障がい者の職域開拓・雇用促進をマッチングする「農福連携」の取り組みが全国的に広がってきました。

浜松市は、地域の農業・福祉・医療・企業関係者などで組織する「浜松市ユニバーサル農業研究会」を平成17年に発足させ、全国に先駆けて「農福連携」に取り組んできた地域として知られています。

制作させていただいた「“笑顔つなぐ”はままつのユニバーサル農業」は、こうした活動に取り組まれている浜松市ユニバーサル農業研究会のメンバーを一人ひとり紹介しています。

巻頭では、2019年度農林水産祭・天皇杯(多角化経営部門)や日本農業賞大賞を受賞した農業法人「京丸園」さんをご紹介しています。

京丸園さんは、農業の担い手として障がいのある方を積極的に雇用され、健常者とともに活き活きと活躍する「ユニバーサル農園」として知られている農園で、当社ではロゴのリニューアルにも携わらせていただきました。

こちらのパンフレットでは、京丸園さんが障がい者を雇用するきっかけとなった出来事から、次第に変化していった農園の様子を紹介しています。

そして、園主の鈴木厚志さんの中で経営者としてどんな気付きがあり農園経営にどうつながっていったのか、社会の中でどんな役割を果たしていきたいのか、といった想いを詳しくご紹介しています。

こちらのパンフレットは、メンバーそれぞれの活動をインタビュー形式で掘り下げて紹介していることが特徴です。

「ユニバーサル農業」という一見するとわかりにくく感じる事業では、概要を体系的にまとめるだけでは伝えきれない部分も多くあります。

農業・福祉・医療・企業など、様々な分野で関わるみなさん一人ひとりに焦点をあて、そのストーリーを「想い」とともに丁寧に伝えることが、ユニバーサル農業という取り組みの本質的な価値を伝えられる形と考え、制作に携わらせていただきました。

一人あたりの文字数は約3,000字に渡るほか、現場感や携わる方の表情が伝わるよう、写真も豊富に掲載しています。

パンフレットには、京丸園さんをはじめとする農園のほか、福祉事業所や特例子会社、社会保険労務士法人、医学関係者など、様々な分野で関わるみなさんが掲載されています。

 

掲載者一覧は下記のとおりで、内容は浜松市ホームページでもご覧いただくことができます。

 

(掲載者一覧)

「京丸園株式会社」鈴木厚志さん

「障害福祉サービス所・だんだん」金田祥史さん・和田里美さん

「株式会社ひなり(特例子会社)」中島昌博さん

「スズキ果物農園」鈴木隆広さん

「聖隷クリストファー大学」建木健さん

「まるたか農園」鈴木崇司さん

「社会保険労務士法人リライアンス」鈴木泰子さん

「takayamarose」高山隆さん

「一般社団法人ノーマポート」高草志郎さん

「ホットファーム株式会社」梅林泰彦さん

「板橋工機株式会社」河合浩史さん

「株式会社カクト・ロコ」野末信子さん

「野沢園」野沢登与次さん

 

多様性をキーワードに、全国で機運の高まっている「農福連携」。その先駆け的な取り組みをしてきた浜松市ユニバーサル農業の理念と想いが、これからもたくさんの方に広がっていくといいですね。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ロゴのバランスを整えるリニューアル実績 | 京丸園「ロゴ」デザイン

 

ネットショップデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

ネットショップデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

静岡県磐田市で純国産のえごま油の製造・販売を手がける「まごえ農園」さんのネットショップ(STORES)をデザインさせていただきました。

https://magoenouen.stores.jp/

まごえ農園さんは、農薬や除草剤を一切使わず、えごまの栽培から搾油、瓶詰めまで一貫して行われ、純国産の安全・安心なえごま油の販売をされています。

トップページに配置したスライドショーには、えごま畑や、えごま油を実際に使うシーンを撮影した画像を何枚かセレクトしました。

また、トップ画像の下にはホームページへのリンクバナーをわかりやすく表示し、ホームページとオンラインショップをスムーズに行き来できるようにしています。

Aboutページには、まごえ農園さんの紹介文を簡潔に掲載。リンクさせてあるホームページにえごま油の特徴や効能、えごま油に対する想いをたっぷり掲載しているので、こちらのページはシンプルなつくりになっています。

商品購入ページでは、商品の特徴のほか、保存方法や賞味期限について記載しています。

 

今回は充実したホームページとの連携により、商品の背景や強みがしっかりと伝わるオンラインショップにまとまったかと思います。

「安全・安心で身体に良いえごまで、日本に元気を広めていきたい」というまごえ農園さんのえごま油が、一層多くのお客さまに届くといいですね。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで安心や信頼を表現|養紡屋「ホームページ」デザイン

 

パンフレットデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

パンフレットデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

磐田市でえごま油の製造と販売を手がけるまごえ農園さんから、パンフレットのデザインのご依頼をいただきました。

まごえ農園さんでは、農薬や除草剤を一切使わず、種まきから収穫まで自然のリズムにあわせ、えごまを育てられています。えごまの栽培から搾油・瓶詰めまで一貫して行われ、丹精込めて作られた純国産の「安全・安心」なえごま油を販売されています。

今回、こちらのえごま油を本格的にブランド化していきたいというご依頼を受け、パンフレットの他にもロゴマークからホームページ制作ラベルや名刺まで、デザインにかかわる全てをお任せいただいています。

表紙は、まごえ農園さんのえごま畑を背景に、えごま油のボトルをシンプルに並べています。自然と調和した、まごえ農園さんらしいデザインです。

パンフレットはポストカードサイズの4つ折。手に取りやすいコンパクトなサイズ感で、情報量も程よく掲載できます。

表紙をめくると、畑の写真をはじめ、まごえ農園さんの想いや遠州のえごまについて説明しています。

まごえ農園さんのこだわりや熱い想いを伝えることで、何気なくパンフレットを手にとった方が共感したり、新たな価値観をプラスする役割になるかと思うので、しっかりとした情報を掲載することも大切です。

商品紹介では、えごま油の写真とともに、非加熱圧搾・生搾り製法や一番搾りのみを贅沢に使うなど、まごえ農園さんのこだわりをたっぷりと伝えています。

裏ページには、フォトギャラリー形式でえごまの収穫や、製造工程、えごま油を使った料理の写真を配置し、目で楽しめる構成になっています。

裏表紙では、えごまの効能を紹介しています。えごま油はオメガ3脂肪酸の含有量が高く、ここ数年注目の食材です。遠州で丹精込めてつくられたまごえ農園さんのえごま油が、地元の人々をはじめ、全国の人々にも広がっていくのを願っています。

こちらのえごま油は、まごえ農園さんのオンラインショップで販売中です。気になった方はぜひ、オンラインショップをご覧ください。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
余白を残したシンプルなデザインのショップカード制作|まるたけ堂 珈琲・くつろぎ庵「ショップカード」デザイン

 

ラベルデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

ラベルデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

磐田市でえごま油の製造・販売をされている「まごえ農園」さんのラベルをデザインさせていただきました。

まごえ農園さんでは、農薬や除草剤を一切使わず、種まきから収穫まで自然のリズムにあわせ、えごまを育てられています。そんな丹精込めて作られたえごまを搾油・瓶詰めした、純国産の「安全・安心」なえごま油を販売されています。

今回、こちらのえごま油を本格的にブランド化していきたいというご依頼を受け、ロゴマークホームページ、パンフレット、名刺など、デザインに関わることはすべて任せていただきました。

ラベルの素材は、金箔調の和紙シールを採用。金色は落ち着いた光沢感で、えごま油と同系色ということもあり馴染みが良く、中身のえごま油を引き立てています。

すっきりとした上品なデザインで、普段遣いにはもちろん、贈答品として贈る相手を選びません。また、えごま油はキッチンで使うだけではなく、食卓に並べて使うことも多く、シンプルなデザインは、どんな食卓にも違和感なく溶け込みます。毎日使うものだからこそ、さり気なく上品さを添える、飽きのこないデザインを心がけました。

ラベルやパッケージは、お店や商品の個性をだすことも重要ですが、利用されるシーンを想像しデザインすることも大切です。

丁寧につくられた、遠州産のえごま油が、地元の人たちにはもちろん、遠州の魅力を感じられる商品として、全国に広まっていってくれたら嬉しいですね。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
上質感を感じる、シンプルなラベルデザイン|ひなたカフェ「ラベル」デザイン