55634|中小企業のブランディング

Blog, 実績

だんだん「パンフレット」デザイン|静岡|浜松

浜松市の「医療法人社団至空会・障害福祉サービス事業所だんだん」さんのパンフレットをデザインさせていただきました。

だんだんさんは、障がいのある方の生活支援や自立訓練、就労支援など様々なサポートを総合的に行う多機能型の事業所です。これまでに、ロゴマークをデザインさせていただきましたが、今回オリジナル商品を紹介するパンフレットのご依頼をいただきました。

だんだんさんでは事業のひとつとして、障がいのある方々が制作する自社製品の開発を行われています。地域産の「遠州綿紬」を使った繊維小物や、素材にこだわるスイーツなどを作業訓練の一環として制作し、イベントでの販売などを行っています。

障がいのあるみなさんが心を込めて作る商品は、地域産の素材を使い、専門家の監修を受けるなど品質に徹底してこだわっていますが、他との違いを伝えることがなかなか難しいため、こうしたことを伝えながらオリジナル商品としてのブランド化を図っていきたいというご要望でした。

制作したパンフレットは、A5サイズの巻三つ折の6ページで構成しています。

表紙を開いた最初のページでは、だんだんさんのゆっくりと時間をかけて丁寧に行うものづくりが伝わる、手作業の様子を配置しています。

だんだんさんでは、効率性よりも、携わる方の個性を活かして正確に作業することを重視し、お客さまに喜んでいただくことを一番の目的としています。真心を込めて作るこうした繊維小物やスイーツのあたたかなイメージが、パンフレットを開いてすぐに伝わることを意識してデザインしました。

見開きのメインページでは、1ページ目に施設の概要と、ものづくりのコンセプトについて詳しく説明をしています。

単純な作業訓練としてではなく、お客さまに本当に満足いただけるものを提供するため、素材と機能性に徹底してこだわっているだんだん商品の特徴を掘り下げてお伝えしています。

 

続く見開き2ページでは、商品の紹介をひとつひとつ丁寧にさせていただいています。

縫製製品には、カードケースやストラップ、ヘアゴムなど普段使いができる様々な種類があります。どれも使う人のことをよく考えられた機能的な商品で、多彩な遠州綿紬の柄も楽しむことができます。

また、クッキーやケーキ、キャラメルなどのスイーツは、全てにてんさい糖を使うほか、地域産の高品質な牛乳や卵などをふんだんに使い、レシピも専門家の監修を受けるなど、味に大変こだわった商品となっています。

だんだんさんの作るスイーツは「おいしい」と定評があり、リピーターさんがとても多くおられますが、なぜおいしいのかをお伝えするものがこれまでありませんでした。

作り手の想いやこだわりを知ることで、こうしたお客さまは一層商品に対して愛着を持つことができ、それがブランド価値へとつながっていきます。

裏面には、問い合わせ先や地図など施設の概要とともに、商品を購入できる場所や受注生産の流れについて解説させていただきました。

商品の強みや想いを適切に伝え、興味を持っていただいた方が購入できる動線をしっかりと作ることで、パンフレットが機能します。

 

まごころを込めて作るだんだんさんの商品のファンが広がっていくことで、施設で作業する障がい者のみなさんも、一層いきいきと活躍できそうですね。

2018-05-08 | Posted in Blog, 実績No Comments »